エステティシャンは清潔感のある美しい女性のイメージで、女性たちの憧れの職業です。

しかし、見た目の華やかさとは違ってその仕事はハードで長く続けていくには相当の覚悟が必要です。

今回は、エステ業界の展望やエステティシャンの大変さ、お勧めの転職先などをお話していきます。

エステ業界の今後の可能性と見通しは

エステは食品や金融と違って、生活に欠かせないものではありません。高齢化が進み将来の不安が大きい日本において、エステという存在は今後淘汰されていくものなのでしょうか。今後の可能性と見通しについて見ていきます。

業界自体の需要が減る可能性は少ない

年齢を重ねても美しくありたいというのは女性の共通の思いですが、最近はますます若々しい女性が増え、女性の美意識の高さがうかがえます。今後も女性の美に対する興味や関心は薄れることは考えにくいですし、男性のエステにも伸びしろがあります。業界自体の可能性はまだまだあると言えるのではないでしょうか。

顧客の目が肥えており差別化を図ることが必要に

街中を見てもエステ店は新規オープンと閉店を繰り返し成功するには難しい印象があります。数あるエステ店の中で生き残るには他店との差別化が必要で、価格だけでなく心地よい接遇や空間などサービスの質向上こそが差別化のポイントです。

また、昔はプロの手に任せるのが一番と言われていましたが、最近はセルフエステができるような優秀な美容器具が手に入りやすい時代になりました。

わざわざお金を払ってやってもらうからには、美容器具では手に入れることのできないようなプラスアルファの効果や時間を提供することが必要になってきます。

エステティシャンの仕事のデメリットとは?

エステティシャンの仕事は体力的にもハードであるとよく言われますが、その大変さはどんなところにあるのでしょうか。

体力勝負!腰痛などの職業病に悩まされることも

エステティシャンに話を聞くと、イメージ通り体力的に大変な仕事のようです。立ち仕事であることはもちろん、痩身やマッサージなどの施術の場合には全身に力を入れることもあり、1日が終わる頃には肩や腰がガチガチになってしまうとのことです。

慢性的な腰痛などの職業病を抱えているエステティシャンも多いです。

ノルマが厳しいことがある

店の経営方針にもよりますが、中には厳しいノルマが課されているお店もあります。来てくれた顧客にDMを送るのはもちろん、ときには電話でのセールスを行ったり、集客が少ないと店長に厳しく言われることもあります。

女性の美に関わりたいという想いでエステティシャンになる方は多いですが、実際の仕事となると営業的な努力も必要でそれが辛いと感じる人もいます。

女性だけの人間関係が辛い

女性だけの人間関係は、合えばお互いの意志疎通もしやすく働きやすい環境となるのですが、合わない相手とは非常にこじれやすいのが特徴です。

特にエステでは数人単位のスタッフで内向きの付き合いになりがちなので、人間関係に問題が生じると店に居づらくなってしまいます。

いくらエステの仕事が好きでやりがいを感じていても、一緒に働く職場のスタッフとうまくいかないのは問題でストレスを抱えて精神的な負担が大きくなります。

産休・育児休暇が取りにくい場合もある

大手のエステ店であれば、エステティシャンの人員配置を工夫することもできますし、店舗間異動で育休中のスタッフの補充をすることも可能でしょう。

しかし、エステの中には小規模で経営している店も多く、その場合には取らせてあげたくてもなかなか休暇が難しい状況にあることもあります。

もちろん、産休・育休は当然の権利なので店側も拒むことはできないのですが、その間の人員を募集したとして戻ってきたときには居場所がなく肩身の狭い思いをすることも考えられます。

エステティシャン自らオーナーやスタッフに気を遣って出産を機に一旦退職を考えるケースもあります。

女性が多く女性が働きやすい環境を整えたいという企業側の想いと実際にできるかどうかはまた別問題でそのギャップが生じてしまうことはデメリットです。

給料が低く福利厚生が充実していない

昔はエステと言うと高価なイメージがありましたが、最近は比較的低価格で通えるエステも増えました。利用者側にとってはメリットなのですが、経営側からすると低価格競争でコスト削減のため人件費を抑えたり不要な出費を極力減らす工夫も必要です。

エステティシャン自身の給料も決して高いとは言えず、少人数で経営しているエステ店では有休も取りにくいなど福利厚生も期待できない状況です。

エステティシャンの転職先にはどんなところがある?

エステティシャンの仕事を辞めて転職したいと考えるとき、別のエステ店で働くという方法以外にも、別の仕事をすることも考えられます。エステティシャンの転職先としてはどんな職場があるのでしょうか。

美容部員

女性が美しくなるためのお手伝いをするという意味では目的が共通しているのが美容関係の仕事です。特にエステでも化粧水やコスメアイテムを扱うこともあり、肌や体についての幅広い知識が求められるため、それを活かした転職になることでしょう。

同じく立ち仕事であることと女性が多い職場であることは変わりませんが、お店と違ってデパートなどの開かれた空間で働くことができます。

また、大手化粧品メーカーであれば、小さなエステ店勤務に比べると年収アップや福利厚生の充実が見込めるというメリットがあります。

ネイリスト

同じくネイリストも女性の美に関われる仕事です。新たな技術を学ぶ必要はありますが、エステティシャンと違って座り仕事なので、体力的な負担は軽減するはずです。

また、爪も肌の一部です。エステティシャンとしての肌や体の基本的な知識や改善方法など、ネイリストとエステ経験者としての両方の立場からアドバイスすることが可能です。

美容とは全く関係ない仕事に就きたいなら

エステの仕事が本当に辛いと感じると、美容とは関係のない世界で仕事は仕事と割り切って働きたくなることもあります。

その場合には残念ながらエステティシャンとしての経験は活かせませんが、接遇スキルや人当たりの良さなどはどこへ行っても共通して必要な要素です。

エステティシャンの仕事の体力面での大変さや、女性だらけの職場の人間関係に嫌気を感じたのであれば、一般事務などが経験や資格がいらないことが多いのでお勧めです。

最低限のパソコンのスキルや書類作成能力などは必要ですが、働きながら覚えていけることも多いですし、人当たりの良い女性であれば、特別なスキルがなくても一緒に働きたいと思ってもらえることも多いです。

転職をスムーズに行うためにお勧めしたいこと

美容の道と離れて、異業界・異業種に転職したいけれど今までエステしかやってこなかったからどんな仕事があるのか分からないと感じる人もいるかもしれません。そんなときは、転職エージェントに登録することをお勧めします。

担当のキャリアコンサルタントに転職に対しての不安や疑問点を相談することができますし、自分では思いつかなかったような職種を紹介してくれることもあります。

また、同じ美容関係で働きたい場合でも、転職エージェントは多数の美容系の求人も豊富に扱っていますので、方向性が定まる前も後も活用できるのです。登録は無料ですのでぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回はエステティシャンの仕事のデメリットと転職を考える場合のお勧めの転職先についてご紹介してきました。毎日辛い思いをして今の職場で働き続けるのは精神的な負担が大きく、うつ病になってしまったり、体への影響もでてきてしまいます。

一番大切なのは無理して一つの職場に固執することではなく、自分自身が生き生きと働けることではないでしょうか。ぜひ転職も視野に入れて自分自身と向き合ってみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。