職場や団体でのコミュニケーションツールとして、ストレス発散の場として利用されているカラオケ店ですが、そこで働く正社員は実は非常に大変な仕事です。

きつくて辛い仕事の割に、給与も高くなく、将来性についても疑問が残ります。

今回は、カラオケ店正社員の仕事の大変さと、その将来性についてお伝えしていきます。

カラオケ店で正社員として働くことの大変さ

カラオケ店にはアルバイトが多いイメージですが、店長を始めとする正社員もいます。

あまり知られていませんが、カラオケ店の正社員は実は非常に大変な仕事です。

では、どんな大変さがあるのか見ていきましょう。

酔っ払いの相手や掃除が大変

カラオケ店では酒類の提供もあります。

客のカラオケ利用として飲み会の後にカラオケをするという流れも多い為、酔っ払いの対応が日常茶飯事になります。

特に悪質な酔っ払いには、毅然とした対応をし、アルバイトたちを守るためにも正社員が対応する必要があります。

また、泥酔状態になって部屋で吐いてしまったり、トイレなどにこもりきりになってしまう客もいます。

これらの掃除も非常に大変で、忙しい中での対応に追われることになります。

アルバイトの急な休みに対応しなくてはいけないことも

アルバイトが急に休んでしまった時、他のアルバイトで埋め合わせができない場合があります。

その場合、本来休みである正社員自らがシフトに入って穴埋めする必要があります。

そのため、プライベートな予定を入れにくかったり、プライベートを犠牲にすることも多いです。

基本的に若いアルバイトが多いので指導が大変

カラオケ店のスタッフはイメージ通り非常に若い人が多いです。

中にはしっかり働いてくれる優秀なアルバイトもいます。

しかし若い人は社会人意識が薄いため、突然休んだり接客態度がなっていなかったりとその指導が非常に大変です。

接客態度が悪く、客からクレームを受ける場合もあるので、しっかりと指導しておかなければ店の信用にも関わってしまいます。

カラオケ店で正社員として働くことに将来性はあるのか

カラオケ店で正社員として働くことは大変なことですが、将来性という点から見るとどうなのでしょうか?

複合型漫画喫茶の台頭でカラオケ店の価値に疑問が

近年は漫画喫茶が浸透し、中には複合型の漫画喫茶も増えてきました。

その中には充実したカラオケ設備が整っているお店も多く、他の娯楽と合わせて利用できるというメリットもあります。

その為カラオケを漫画喫茶で利用するという人が増えてきています。

また、複合型漫画喫茶は料金が明確で、その相場も店によって大きなずれがないため、利用者にとって安心して使えますが、カラオケ店の料金は少し分かりづらさがあります。

時間帯によって料金に大きなばらつきがあったり、お店によってサービス内容が全く違うため、利用者にとっては少々使いづらいというデメリットがあります。

こうして考えると、そもそもカラオケだけを扱うカラオケ店の価値は、以前に比べて下がってきています。

娯楽の多様化によってカラオケ店がV字回復をする見込みは薄いかも

娯楽と言えばカラオケというぐらいに、カラオケがブームになっていた時代もありました。

しかし近年は様々な技術の進歩やアイデアから娯楽が多様化しています。

そのため、カラオケ自体を遊びの場として利用する人が、今後爆発的に増えるには大きな改革が必要かもしれません。

また、現在は忘年会や新年会の後には、カラオケの利用が定番ですが、今後新しい飲み会の後のスタイルが出てくる可能性もあります。

将来性については不透明さが残ります。

高齢化社会をどのように利用するか

近年はパチンコやスロットなどを老人ホームに取り入れて、認知症予防などに使われることもあります。

カラオケ店も、これまでの若い人を始めとする働く世代だけでなく、高齢者をどのように取り込むかが生き残りの鍵と言えるかもしれません。

それには、カラオケ店のガヤガヤとした雰囲気や、若い人のフランクな接客ではなく、大人向けの落ち着いた雰囲気のカラオケ店があっても良いのかもしれません。

とにかく忙しい正社員は過労が溜まるリスクをはらんでいる

カラオケ店の正社員は非常に忙しことで有名で、1日中動き回っている大変な仕事です。

また、休みが取りにくく、深夜から日勤への連続勤務になることもあるため、家に帰らず店や駐車場で仮眠を取るという正社員もいるそうです。

これを長く続けることは難しいことで、過労が溜まり体調を崩してしまう人も多いです。

過労は体だけでなく精神も蝕んでいきますから、最悪の場合にはうつ病などの精神疾患に至ってしまうケースもあります。

将来性を考えると早めの転職が吉

カラオケ店の正社員は長時間労働が慢性化しており、休みも少なく心身ともに負荷がかかる仕事です。

さらに、将来性についての不透明さを加えると早めの転職が得策ではないでしょうか?

体を壊してしまってからでは転職も難しいですし、まだ若いうちの方が転職市場でも価値がありますので、希望の企業に転職が叶いやすいと言えます。

転職するならエージェントを利用して

転職を考えるのであれば、転職エージェントの利用がおすすめです。

忙しいカラオケ店の正社員は、働きながら転職活動をするのは時間的な余裕が足りないと言えますが、転職エージェントを利用することで大きな支援を受けることができるからです。

例えばハローワークなどに出向かなくても業界研究や求人を探すことが可能ですし、面接の日程調整なども応募者に代わって行ってくれます。

深夜勤務も多くなるカラオケ店の正社員は、企業の採用担当と連絡を取り合うこともそう簡単ではありませんから、大きな助けになるはずです。

上手に活用して転職活動に役立ててください。

将来性や自身の体力を考え早めの転職を

今回は、カラオケ店で正社員として働くことの大変さと、将来性についてご紹介してきました。

カラオケ自体の需要が全くなくなることは考えにくいですが、カラオケ店としての将来性は不透明さがあります。

また、忙しすぎて体調を崩し働けなくなってしまうことも絶対に避けたいことです。

一度じっくりと働き方について見つめなおし、転職も視野に入れて動き出してみてはいかがでしょうか?

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全て無料でプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

転職エージェントについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。