IT業界は将来性抜群として転職市場では注目の的となっています。

確かに近年のITの発展は目覚ましいものがありますし、今後ますます需要が伸びていくことは考えられます。

しかし、この業界で働くにはそれなりにリスクが伴うことであることも忘れてはなりません。

自分の体と心を酷使し将来的に働けなくなってしまっては業界の将来性の恩恵にあずかることはできません。

そこで今回は、IT業界で働くことのリスクと転職をすすめる理由についてご紹介していきます。

IT業界で働くことのリスク

IT業界で働くことにはどのようなリスクがあるのでしょうか?

残業が大前提だから長時間労働で体や心をを壊すリスクがある

IT化が進み、次々とITを利用した新しいビジネスが生まれていますから仕事の需要自体は非常に多くあります。

そのため、IT業界では残業が大前提にあり長時間労働になりやすいというデメリットがあります。

長時間労働が何をもたらすのかというと、効率低下から始まり体調不良や精神面にまで悪影響を及ぼします。

IT業界はうつ病などになって辞める人が非常に多いということでも知られています。

気づいたらパソコン相手としか仕事ができないように?

社内外の人とコミュニケーションを取る必要はありますが、それもすべてパソコン1台あれば済んでしまいます。

そのため、基本的には毎日パソコン相手に仕事をこなしていくことになります。

時間も短縮できて便利ではありますが、これは人とコミュニケーションを取る能力を著しく低下させる要因にもなります。

人付き合いが苦手な人にとっては楽なことかもしれませんが、どんな時代でも人は他の人の助けがなければ生きていけません。

将来的に見るとコミュニケーション能力の低下は大きなリスクとなると言えます。

フレックスタイム制導入の罠

IT業界は、自由な社風であったり、経営者の考えが柔軟であることも多く、働き方を選びやすいというメリットもあります。

これは良いことでもあるのですが、常に逆の側面も持ち合わせていることを忘れてはなりません。

例えばフレックスタイム制は出勤時間を自由に選べるというメリットがありますが、単に出勤時刻があと倒しになって深夜労働に至りやすいだけという側面もあります。

また、自由な働き方は、その人の自己管理能力が求められることであり、管理能力がない人にとっては怠惰な生活を助長させ仕事効率を下げるだけになるということも言えます。

自由というのはあくまでも自分の裁量範囲が増えるということなので、どんな人にとっても自由な社風が向いているとは言えないのです。

「会社は助けてくれない」はIT業界でより顕著に見られる

IT業界は将来性が高く成長産業ではありますが、その分業界としての未熟度も目立ちます。

前述したような長時間労働が多いこともそうですが、従業員への自由度を還元する代わりに会社自体の従業員の管理やフォロー体制は整っていません。

放任主義は楽な反面、いざというときに助けてくれる責任を持たないこととも言えるのです。

うつ病寸前まで働いている社員に対して適切なフォローを行ったり、コミュニケーションをしっかり取ることで苦労や悩みを共有することも少なくなります。

企業という組織に所属しながらもある意味自営業的要素があり「自分の身は自分で守るしかない」のが現在のIT企業の実情です。

今はIT優等生かもしれないけど今後もそういられるか

IT業界では年齢を問わず実力があれば出世の可能性も大いにある、成果主義の世界です。

特に20代30代の若い人はITが身近な存在のため、他の世代に比べると技術や知識の面で優位に立つことも多いことでしょう。

ただし、それは次の世代にも言えることです。

今の子供たちは学校や家でもパソコンを使うのが当たり前で、大人になる頃にはその世代がIT優等生として自分たちの立場を脅かす存在になるのです。

将来性があるという理由でIT業界に入っても、自分が活躍できなくては意味がありません。

下の世代に負けない技術力を身につけるためには、長時間労働をこなしながら常に勉強を続けるという非常に厳しい生活を強いられるということでもあります。

心身ともにボロボロになっているなら転職しよう

仕事上の悩みを誰にも相談できず、長時間労働がたたって心身ともにボロボロだという人も多いのがIT業界です。

将来性があるから今が頑張りどきだと思っても、その頃までには体がもたず働くことすらできなくなってしまっている可能性もあります。

成長する可能性がある業界が必ずしも将来性があるとは言えないのではないでしょうか?

本当の意味で将来性があるのは、自分がしっかりとその業界で働き続けることができる業界のことです。

もし今心身ともに疲れ果てボロボロになっているのであれば早めに転職を考えましょう。

転職するなら転職エージェント

IT業界からの転職を考えるのであれば転職エージェントを利用しましょう。

ハローワークや求人誌などと比べても圧倒的に求人数が多いですし、非公開の求人の中には条件の良い求人も隠れています。

また、IT業界の人が比較的苦手とする面接などのアドバイスも受けることができます。

転職支援のプロであるキャリアコンサルタントに、疑問点や不安なことをどんどん相談するようにしましょう。

転職エージェントの登録は無料なので、ぜひ活用してみてください。

転職活動でのアピールポイントは?

IT業界から全く別の業界に転職することに不安はあることでしょう。

しかし、ITのスキルはどんな業界でも使うことができます。

IT業界での勤務経験があれば、それは強みとなりますから是非アピールしていきましょう。

また、普段パソコン相手に仕事をすることが多く面接が苦手という場合でも、上手に話すことに注力する必要はありません。

たとえ口下手であっても、一生懸命やる気をアピールすれば熱意が伝わるものです。

スラスラと決まり切った文句を言える人が必ず良いということではありません。

あとは笑顔を忘れずに面接に臨むことで採用の確率はアップすると心得ましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、IT業界で働くことのリスクと、転職をすすめる理由についてご紹介してきました。

将来性があるとして注目度の高いIT業界ですが、実際に働くと多くのリスクがあることが分かります。

一番大切なのは自分の体であることを念頭に置いて、冷静に見つけることが必要ではないでしょうか?

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。