自分がマネージメントしたタレントが売れたらやりがいを感じるし、芸能界を見られて楽しそう!そんな風に感じて芸能マネージャーの仕事に憧れる人は多いです。

確かにそれもあるかもしれませんが、それはごく一部の側面に過ぎず、実際には大変なことの方がずっと多い仕事です。

今回は、芸能マネージャーの仕事の大変さと将来性いついてご紹介していきます。

芸能マネージャーの仕事はどんなところが大変?

芸能マネージャーが所属する芸能事務所は常に人材を募集しており、慢性的な人手不足に悩まされています。

それはつまり離職率の高さを物語っており、やはりその仕事は大変だということになります。

では、芸能マネージャーの仕事はどんなところが大変なのでしょうか?

芸能人の人生に関わる仕事なので責任が重い

芸能人に会えるかも…。そんな理由だけで芸能マネージャーの仕事をしても、すぐにその責任の重さに耐えられなくなります。

芸能マネージャーというのは、タレントの人生そのものを預かる仕事と言っても過言ではありません。

マネージャーの働き次第ではタレントの仕事に影響を与え、一気に人気がなくなり、食べられなくなってしまうことも十分あり得る仕事なのです。

また、売れない時期やスキャンダルなどがあったとき、タレントは相当な精神面での負担を抱えることになります。

その際に、タレントの精神面のケアも行うのがマネージャーであり、その力次第でタレントの今後の人生が左右されることにもなるのです。

労働基準法はないと思った方がいいかも

芸能マネージャーという仕事は、芸能人という特殊な働き方をする人たちに基本的について回ります。

そのためマネージャー自身の働き方や時間帯も特殊になり、私たちが普段考える労働基準法に沿った働き方とはだいぶ異なる部分が多くなります。

もちろんマネージャーであっても労働基準法は適用されます。

しかし多くが裁量労働制を取っており、芸能界という特殊な世界において曖昧にされる部分も多くなっています。

労働基準法が気になってしまう人はマネージャーに向いていないかもしれません。

上下関係が厳しく体育会系のところも多い

芸能界は非常に古い体質で挨拶や上下関係に厳しいところです。

その為マネージャーに関しても上下関係や礼儀が非常に求められます。

特にしっかりした事務所であれば普通の会社に勤めるよりも挨拶や礼儀などに厳しく指導があると言われています。

また、担当するタレントによってはワガママだったり横柄な態度だったりしてマネージャーをこき使うタイプの人もいます。

忙しくても給料は低め。マネージャーの年収アップは難しい

マネージャーは、タレント以上に忙しい仕事であるとも言われています。

移動中の車内でタレントが仮眠を取っている間も休むことができません。

スケジュール管理を行ったり、タレントの送迎を行ったり、タレントに頼まれたことをプライベートな時間を利用してすることもあります。

また、大手芸能事務所で人気タレントを担当していても、その拘束時間の長さや激務の割には年収も高くないと言われています。

個人事務所ではなおさら、ボーナスや待遇にも期待できないところが多いです。

プライベートを投げ打つ覚悟がなければ売れっ子の担当は無理

芸能マネージャーの仕事は、決められた時間内に働くのとは違い、突然仕事が入ったり撮影時間が延びたりするのは当たり前で、プライベートの予定を立てづらいです。

独身の人であれば、同じ業界内の人たちや担当タレントと、プライベートも過ごすことは楽しいかもしれません。

しかし、家族や恋人が一般の仕事をしている場合には予定が合わなかったり、一緒に時間を過ごすことができなくてすれ違いが生じてしまいます。

プライベートはないものと、覚悟を決めなければ売れっ子の担当は無理だと心得ましょう。

芸能界は独特な世界。嫌な面も見るから人間不信にも

よくテレビなどでタレントが冗談交じりに「芸能界は怖い世界」と言っていることがありますが、あれは本当で、ある意味常識が通じない、騙し合いの世界でもあります。

そうまでしないとタレントが生き残るのは難しい厳しい世界なのです。

それを感じるのはタレントだけでなく、マネージャーも同じです。

担当するタレントが嫌な思いをしたり、自分が取ってきた仕事を他の事務所に邪魔されたりと、人間不信になるような出来事も経験するようです。

芸能マネージャーの仕事は将来性があるのか?

芸能事務所やマネージャーの仕事には将来性や安定はあるのかについてお話していきます。

芸能事務所自体の将来性が不透明である

芸能関係の仕事に将来性という文字はないのかもしれません。

安定とも程遠く、常に明日の仕事の心配がある仕事です。

特に、芸能事務所は中小企業も多いですから、タレントの不祥事やスキャンダルが事務所経営そのものに大きな影響を与えることがあります。

CMやドラマなど契約が発生していた場合には、契約違反金を事務所が抱えることにもなり、マネージャーの給料そのものに影響を与えることも大いにあるのです。

安定を求めるのであれば転職も

担当タレントの人気が出たり、好きな芸能人を見ることができたりと、やりがいや楽しさを感じることもあるマネージャーですが、仕事一筋にならなければ続けることは難しいでしょう。

自身の将来設計や安定を考えたときに不安が残るようであれば、別の業界へ転職することも必要ではないでしょうか?

マネージャーの仕事は様々で、営業から雑用、スケジュール管理まで一般的な会社で役立つスキルを兼ね備えた、ある意味オールラウンダー的な人材でもあります。

別の業界で活躍することも十分可能ですから、じっくり考えてみてはいかがでしょうか?

転職をするならエージェント利用を

芸能界という特殊な世界に身を置いていると、他の業界や一般的にどんな仕事が安定性があるのか、正直よく分からないと感じるかもしれません。

そんな場合には、転職エージェントを利用することで悩みの解消につながります。

転職エージェントでは、転職フェアなどの転職イベントを行っていたり、転職支援のプロであるキャリアコンサルタントに様々な転職についての相談をすることができます。

自分がこれまで知らなかった業界や職種について理解を得ることができますし、思いもよらなかった条件の良い仕事に出会えることもあります。

転職エージェントの登録は無料なのでぜひ活用してみてください。

マネージャー業に不安を感じたら早めの転職を

今回は、芸能マネージャーの仕事の大変さと将来性についてご紹介してきました。

華やかな仕事に見えるかもしれませんが、実際は非常にハードな裏方業です。

憧れだけで続けるのは難しいですから、辛いと感じているのであれば転職を考えてみてはいかがでしょうか?

今後の自分自身の職業人生のために参考にしてみてください。