フランチャイズのコンビニオーナーは儲かるという理由でオーナーを始めてしまい、その大変さに苦労しているという人は多いです。

オーナーとな名ばかりで実情は悲惨なものがありますから、一般企業のサラリーマンに転職して地道に働くことをおすすめします。

今回は、フランチャイズのコンビニオーナーの悲惨な実情とサラリーマンへの転職をすすめる理由についてご紹介します。

事業主であっても立場は弱い


ゼロからの状態で起業を行うより、店舗経営のノウハウを本部から得ることができるフランチャイズオーナー制度を利用すれば、比較的簡単に事業主になれてしまいます。

そのため実業家としての経営手腕がない素人が気軽に手を出してしまいますが、その契約は決して平等ではなく、オーナー側が弱い立場にあります。

売り上げが伸びなくても本部にロイヤリティを支払わなければなりませんし、途中でやめたいと思っても多額の違約金が発生するため簡単にやめることもできません。

本部に文句があっても立場的に弱く、仕入れ等で嫌がらせを受けることもあると聞きますからそう簡単ではありません。

サラリーマンであれば会社を変えることで状況を変えることはできますが、一度オーナーになってしまうと非常に難しくなるのです。

実情は超ブラック企業

コンビニのオーナーは長時間労働や休日出勤は当たり前に行われています。アルバイトが休んだ穴を埋めるためにオーナー自ら店舗に立つことも日常茶飯事で、時間帯も早朝から深夜まで様々です。

実労働時間で換算すると労働日数は週7日というオーナーも少なくありません。

オーナーですから残業代という概念もありません。オーナーというと聞こえは良いかもしれませんが、実情は超がつくブラック企業と変わらないようです。

将来的な安定はない。本部から首を絞められることもある

近年フランチャイズのオーナーがコンビニの本部に裏切られたとして訴えを起こすというケースが相次いでいます。

例えば同じ地域内に集中的に出店することによって利益を上げようという経営戦略で、自分が経営するコンビニのすぐ近くに別のコンビニがオープンすることがあります。

別の系列のコンビニであれば苦しいけれど理由は理解できますが、中には同系列のコンビニを集中的にオープンさせる戦略を本部が取ることもあり、本来仲間であるはずのコンビニと客の奪い合いになることがあります。

コンビニの開店や閉店は目まぐるしく行われており、今現在経営が順調であっても、あるとき一気に経営が苦しくなる可能性を秘めています。

コンビニオーナーの将来性は非常に不安定で、経営悪化はコンビニ本部の裏切り行為によってもたらされる可能性もあるのです。

コンビニの堅調さはあくまでもオーナーの犠牲のもと成り立っている

コンビニ各社は順調に売り上げを伸ばし続けており、コンビニ業界全体としては潤っているように見えます。

しかし個人のオーナーなどを見ると経営が悪化し本部への借金を抱えたまま閉店を余儀なくされたり、自分の身を削って働くことで人件費を削り何とか売り上げを保っているという店舗も多くあります。

つまり、コンビニ業界はその犠牲のもとに成り立っており、実際に将来性があるというわけではないのです。

さらに、街中を歩いてみれば分かるとおり、コンビニはどこにでもある飽和状態にあります。

そのため1つの店舗だけ突出して売り上げを伸ばすことはできず、売り上げが順調な地域には本部が利益を上げるために新たな同系列のコンビニが建つようになっています。

一般企業で働く方がずっと楽


サラリーマンではなく一事業主として働くことのメリットは、収入面でのメリットと人から指図されずに自由に働けるということがあります。

しかし前述したように、売り上げを伸ばせば本部からの裏切りにあい、売り上げが伸ばせなければ借金を抱えることになります。

さらに事業主とは名ばかりで本部の顔色をうかがう必要があるとなると、コンビニオーナーのメリットはかなり少なくなります。

一般企業で雇われの身として働く方が、精神的にも肉体的にも恵まれていると言えるのではないでしょうか?

毎月同じ収入が得られるということの安定感に加え、労働環境の悪化があれば労働組合や労働局など駆け込むところはいくらでもあります。

誰にも言えず自分だけが借金を抱えるということもありません。

コンビニのオーナーをやってみて、サラリーマンがどれぐらい恵まれているかに気づいたという人も少なくないのです。

うつ病や体調不良に追い込まれる前に転職を

経営に苦しみ、途中解約するには違約金がかかることから逃げ場がないと感じ、うつ病や体調を崩す人も少なくありません。

そうなってしまうと、働くことができなくなってしまいますから、借金を返すめども立ちません。

早めに転職をした方が将来的に長く働き続けることができるのではないでしょうか?

違約金は発生するかもしれませんが、今後苦しい経営状態にしがみついて借金が膨らんでいくよりは、サラリーマンとしてコツコツ返済していく方がずっと建設的です。

一般企業で働いてボーナスなどを利用すれば1,000万ほどの借金は10年もあれば完済することも十分可能です。

今の経営状態や働き方を振り返ってしっかりと検討してみる余地はあるはずです。

コンビニオーナーの経験を活かした転職を

サラリーマンに転職すると言っても、全くの異業界や異業種に行くよりもコンビニを含む小売り業界への転職がやはり有利です。

売り上げを伸ばすためにどのような工夫をしていたのか、アルバイトなどの教育に関してどんな指導をしていたのかなど、実績として挙げられることをアピールすると良いでしょう。

異業界、異業種ならゼロからのスタートだと覚悟して

コンビニオーナーの知識や経験を活かして小売業界へ転職するのがおすすめですが、可能性を広げたいと異業界や業種にチャレンジするという場合には覚悟が必要です。

いくら年齢がある程度いっていて、コンビニでは人を教育する立場にあったという人であっても、それらをすべてリセットして「新人」としてゼロからスタートするという気持ちを持ちましょう。

一度オーナーなどを経験してしまうと、どうしても面接などでそれが出てしまい、相手企業にとっては「上から目線」だと捉えられることがあります。

謙虚な姿勢は必須だと思って転職活動に臨みましょう。

転職エージェントを利用しよう

コンビニオーナーを辞めて一般企業へ転職を考えるのであれば転職エージェントを利用しましょう。

オーナーという特殊な仕事をしていると、一般企業の感覚から離れてしまっており、応募書類や面接などで本来の力を発揮できないことがあります。

転職支援のプロであるキャリアコンサルタントにしっかり相談し、一般企業へアピールできる方法を訓練して臨む必要があります。

転職エージェントの登録は無料なので、有効に活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、フランチャイズのコンビニオーナーの悲惨な現状、と一般企業への転職をすすめる理由をご紹介しました。

借金を残したまま老後を迎えるより、今からでも一般企業へ転職し堅実に収入を得ることを考えてみてはいかがでしょうか?

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。