経費の自腹が多くて生活が正直苦しい、そんな悩みをよく耳にします。

経費の自腹が多い企業は多くありますが、主には2つのパターンによって自腹を強要されることになります。

1つは経費を申請する制度自体は存在しているものの、条件が厳しく上司からくどくど言われたりするため申請を自粛してしまうケース。

もう1つはそもそも経費を申請する制度そのものがないケースです。

どちらも企業の思惑としては経費を削減することによって利益を上げたいというもので、中にはこれを悪用して従業員に経費を負担させようという魂胆が見え隠れしている企業もあります。

そのような企業には早めに見切りをつけて転職を考えることも必要ではないでしょうか?

今回は、経費の自腹が多い事例と転職すべき理由をご紹介していきます。

車での営業活動にかかる経費をすべて自腹

営業職の場合は自動車を利用して外回りをすることも多くなりますが、社用車が当然だと思いますか?世の中には自分の車を利用して営業をさせられ、さらに車両手当などがでないという会社が多くあります。

会社から経費として出るのはせいぜいガソリン代程度、しかし車を使って営業活動をするということはそれだけの出費ではないはずです。

通常の通勤以外に車を使うわけですから、当然本体や部品の消耗が加速し、車を買い替えるまでの時期が一般の人より格段に早くなります。

このような営業職の人は、前の車のローンを払いながら新しく車を買う必要がでてきてしまったりと、ローン地獄に陥ることになります。

また、事故に合う確率も車の移動時間が多くなる以上高まりますが、その保険もすべて自分の保険を使うことになりますし、保険料も高いままです。

携帯は私物を使用?携帯料金がとんでもないことに

業務用の連絡に私物の携帯電話を使わせるという会社もあります。

今どきアルバイトの派遣であっても通信費として電話代金がでる時代なのに、なんとも時代錯誤のように感じますが、実際にあります。

営業や配送など外での仕事が多くなる職種の場合、出先でクライアントに連絡をする機会も多くなります。

クライアントとしてはまさか私物の携帯電話で連絡してきているとも思わないため、電話代などを気にするはずもありません。

電話をかけた本人としても、「電話代がかかるのでかけ直します。」とは到底言えず、気づいたら月の携帯料金は何万円にもなってしまうことがあるのです。

景気が良く、たくさんの歩合給を得ているときは気にならないことがあっても、景気が悪化して歩合が減ると途端に重くのしかかってくるのです。

接待費まで自己負担

取引先との接待が必要であったり、日ごろの感謝の気持ちを込めてお歳暮などを贈りたいという場合でも、担当者が自腹を切るということはよくあります。

これらは取引を続けて信頼関係を築いていく上で必要な経費であるにもかかわらず、会社が払ってくれないことがあります。

会社として接待を禁止しているのであれば自己責任ですが、接待そのものは良しとしても経費だけは出さない、そんな企業もあるのです。

接待費は1回に何万円という単位で出ていくこともありますから、収入が高い人にとっても大きな損失となります。

基本給が多くても損していると心得よう

基本給が多いなどを理由に、経費の自腹が多い会社にとどまるのは賢明ではありません。

よくよく考えればわかることですが、自腹が多く出費がかさむということは高い給料をもらっても手元に残るお金が少ないということです。

さらに、給料としては一旦支払われているため、税金や社会保険料などはその給料をもとに計算されます。

つまり、税金や社会保険料の面から考えても大きく損をしているということになります。

サラリーマンの所得税を計算するときには、給与所得控除という、自営業でいうところの経費のようなものが控除されるから良いという問題ではありません。

これは自腹があるないに関係なく控除されるものですし、自営業のように実際にかかった経費を元に計算されるものではなく、単純に年収によって額が決まっているものです。

社会保険も、将来的に年金として戻ってくるかどうかも現状では見えないですし、休職でもしなければ多額の健康保険料を支払うメリットはありません。

経費の自腹が多いサラリーマンは間違いなく損しているのです。

経費の自腹が多い会社では生活できなくなるから転職しよう

このように、経費の自腹が多い会社はいくら頑張っても手元に残るお金が少なくなり、税金や社会保険の面でも損をしています。

できるだけ早く転職をし、経費はしっかりと会社が負担してくれる当たり前の環境下で働くようにしましょう。

ある程度の自腹は仕方がないと感じている人は意外に多いのですが、毎月の基本給や賞与については気にするのに、自腹をあやふやにしてしまっては何の意味もありません。

生活していく上でのお金については最終的に手元にものがどれぐらいになるのかが一番大切なのです。

経費の自腹の多さを考えることを放棄すると、貯金もできず老後に備えることもできないばかりか今の生活すらままならないということにもなってしまうのです。

転職は転職エージェントを利用しよう

経費の自腹が多い会社から転職を考えるのであれば、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントは転職支援のプロですから、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。

経費の自腹の有無など、面接の段階では正直聞きにくいということも、転職エージェントを通じて聞いてもらったり、実情を知ることができます。

また、転職エージェントは求人誌やハローワークなどに比べても圧倒的に求人数が多く、希望の条件に合う仕事を見つけやすいというメリットも大きいです。

転職エージェントは最初から最後まで無料で利用できますからぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、経費の自腹が多い場合に転職すべき理由を事例とともにご紹介してきました。

どこまでが経費になるのかという線引きが難しいことを逆手にとって、会社側は堂々と得をしています。

自腹は損、この明確な事実をしっかりと認識し、そのような横暴な企業からは早めに脱出をしましょう。

経費は経費としてしっかりと払ってくれる普通の企業はたくさんあります。

ぜひそのような企業への転職を成功させてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を全てプロに任せてしまうことが可能です。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはDODAがおすすめです。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手です。

安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職支援の実績 日本最大級

これまでに多くの転職者を成功に導いた実績があるため、転職ノウハウやサポートも充実しています。

電通バズリサーチによる転職者満足度の調査でもNo1に選ばれており、転職支援の内容も安心です。

求人数も日本最大級

全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

多くの求人情報を比較検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社を探しやすくなります。

DODA限定の求人も多数

非公開の求人も80,000件以上あります。

DODA限定の求人も多数あるため、DODAでしか応募できない求人に出会うことができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動をすすめましょう。

DODAの登録は簡単

b28

DODAのサイトに移動後、「エージェントサービスに申し込む(無料)」ボタンを押しましょう。

名前や生年月日など簡単な基本情報、職務経歴を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで新たな未来が切り開けるかもしれません。