応募書類の作成に面接対策と、内定をもらうまでの段階に集中しがちな転職活動ですが、無事に内定をもらうことがゴールではありません。

内定がでた後にもやるべきことは多く、慎重な行動を取らないと転職してから苦労する、最悪の場合は内定取り消しなんて事態を招いてしまうことになります。

今回は内定通知がでたあとにすべきこと、注意したい点をまとめましたので内定をもらった後も気を緩め過ぎず適切な対応をしてください。

企業からの内定通知にへの対応

内定通知の連絡が来たら、その時点で受諾して先方の指示を仰ぐ、内定辞退する、内定保留を申し出るのいずれかの対応を速やかに行います。

企業側もできるだけ早めに手続きを済ませたいので、内定通知への対応が遅れるということはないようにしましょう。

対応が遅れたことで内定を辞退したと受け取られ、せっかくの入社機会を逃してしまう可能性もあります。

内定通知の手段は電話、メール、郵送いずれかの方法が主流です。

応募書類に記載した連絡先には連絡が入る可能性がありますから、注意しておくようにしましょう。

不在着信があった場合はできる限り早い段階で折り返すようにし、メールでの合格通知に対しても、辞退の連絡に限ってはできるだけ電話で行うのが礼儀です。

転職エージェントを利用していた場合は転職エージェントに伝えればよく、直接企業側に連絡する必要はありません。

雇入時の健康診断がある

内定がでると入社前の手続きとして雇入時の健康診断があります。

企業が人を雇う際に、労働安全衛生法で実施が義務付けられているものですから、基本的には応募者側も拒むことができません。

ただし、直近で今の会社での定期健康診断や人間ドッグなどを受けている場合にはその結果を提出することで代用できる場合もあります。

要件がありますから確認の上、代用できるのか転職先の人事担当者に聞いてみても良いでしょう。

また、内定前の選考段階で健康診断の依頼がある場合は少し注意が必要です。

健康診断結果はあくまでも入社後の適性配置や健康管理を目的をしていますから、選考基準として健康診断をすることはできないとされています。

選考の早い段階で受けるよう指示があった場合など、それが適切なものかどうかは確認する必要はあります。

労働条件についての説明機会があるはず

内定を受諾すると、その後入社日が来る前に労働条件についての説明機会が設けられるのが一般的です。

労働条件通知書等の書類を元に職場長か人事担当者が説明する、雇入時の健康診断が同じ日に行われるということもあります。

労働条件の内容に納得してもらった上で本採用の手続きという流れになります。

もし納得できない労働条件であれば、その場では受諾せず一旦考えさせてもらうようにしましょう。

一般的には労働条件の説明から2~3日は受諾を待ってもらえることが多いです。

小さな会社などの場合、内定受諾後にいきなり入社日を指定されて当日に手続きを済まされることもあります。

この場合は、事前に労働条件の確認ができなくなりますから、あらかじめ労働条件通知書等、労働条件が分かる書類の作成を依頼し、メールか郵送で送ってもらうようにしましょう。

尚、入社日当日に労働条件を説明されればまだマシで、労働条件については何の説明もなく、初めて給与が出た時点で募集要項と全く違うと愕然とする人もいますから気を付けてください。

説明をしない企業に問題があるのですが、働き始めてしまった以上は転職回数がカウントされることになり再転職に不利に働いてしまいます。

事前に労働条件の確認をするところまでは自分の責任の一つだと思って、きちんと確認してから働き始めるようにしましょう。

内定受諾したら現職の退職手続きを

働きながら転職活動をしていた場合、内定を受諾した時点で職場に退職の意志を伝えましょう。

退職するには引継ぎ等の関係もありますから、入社日については転職先でもある程度考慮してくれます。

ただし、中途採用の場合はできるだけ早めに仕事を始めてもらいたいと思う企業も多く、長くても3ヶ月以内が一つの目安となるでしょう。

退職の申し出については本来退職日2週間前までにすれば良いとされていますが、就業規則に規定がある場合はそれを守るのが円満退職のためには必要になります。

就業規則の内容は会社によって異なりますが、一般的には退職日1ヶ月前~3ヶ月前に設定してある企業が多いです。

また、年度初め等、元々入社日が決まっていた場合は交渉次第になりますが、間に合わない場合にはあまり良い顔はされないので、できるだけ今の会社と交渉してそこに退職日を合わせる努力をしてください。

どうしても難しい場合は、1ヶ月ぐらいなら伸ばしてくれる可能性はあります。

入社時に必要な書類を揃える

転職先で仕事を始めるにあたって必要な書類があります。

転職先の人事担当者から記入を求められるもの、こちらが事前に用意しおくもの等ありますからチェックリストを作成するなどしてきちんと漏れがないか確認するようにしてください。

雇用保険被保険者証や源泉徴収票など前の会社からもらう必要があるものもあります。

源泉徴収票など在籍中にはもらっておけないものもありますから、退職前に送付時期などを確認しておくと良いでしょう。

退職してから前職の総務課に連絡する気まずさと手間を省くことができます。

また、身元保証書など親族のサインが必要な書類を求められる場合もありますから、実家と離れた場所で一人暮らしをしている人などは早めに親族とやり取りして送付してもらう必要があります。

早めに準備に取り掛かるようにしましょう。

転職活動で分からないことがあったら転職エージェントを頼ろう

転職活動に転職エージェントを利用している人は多いと思いますが、転職エージェントの仕事は内定をもらうまでということはありません。

無事に内定受諾をして転職先で働き始めるまでフォローしてくれます。

内定をもらったけどどうしたらよいの?と疑問に感じることがあれば聞いてみましょう。

内定をもらった後は内定辞退の方法が不適切であったり、現職への退職報告が上手くいかずにトラブルに発展するということもあります。

そうなる前に適切な対応方法を理解しておくこと、疑問点があれば早めに解消しておくことが大切になります。

最後に

いかがでしたか?今回は、内定通知がでたあとにすべきこと、注意したい点をまとめてご紹介しました。

転職活動を頑張っていた分、内定をもらった後は思い切り羽を伸ばして遊びたくなるかもしれませんが、実はこの後にやるべきことは多いので悠長にしてもいられないものです。

安心して転職先で働き始めるためにも、しっかり確認、早めの準備という風に動いてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。