可愛い動物たちを「販売する」ペットショップは、動物が好きな人にとっては楽しそうでやりがいを感じられそうだと思われます。

しかし、実際には仕事は大変で精神的にも辛い場面が多くありますし、その年収のはあらゆる職業の中でもかなり低いと言われています。

将来のことを考えると早めに転職をするのが良いのではないでしょうか?

そこで今回は、ペットショップ店員の知られざる仕事の辛さについてご紹介していきます。

年収が非常に低い

ペットショップで正社員として働く人の悩みとして、地域や店を問わず共通して挙がることに、給料が非常に安いということがあります。

正社員であっても手取り月収は10万円台前半になることも多く、ボーナスや退職金はないのが当たり前の世界です。

大好きな動物に触れることができるからという理由で始めたものの、実際に自身の生活が難しくなって辞めたという人も多くいます。

また、トリマーなどの資格があれば多少給料に反映されることもありますが、それでも給料は恵まれないという人が多いです。

一般企業のように昇給が期待できるわけでもなく、将来的な年収アップも見込めないのが現状です。

サービス残業が慢性化している業界

ペットショップは会社帰りに立ち寄る客のため、比較的遅くまで営業しているお店も多くあります。

また、客への対応や動物たちの急な体調不良など突発的なこともあり、残業になってしまうこともあります。

その際も残業代は出ないのが暗黙のルールで、サービス残業が慢性化している業界とも言われています。

命を扱うことの責任

ペットショップでは当然生き物を扱うわけですから、非常に責任の重い仕事です。

自分の働き次第では生き物を傷付けてしまったり、病気に気づかず死なせてしまうこともあります。

また、病気の動物の世話もあり、いつでも元気いっぱいの動物たちと楽しく仕事ができるというわけではありません。

楽しそうと思ってこの仕事を始めても、その責任の重さに耐えられなくなるという人も多いです。

清掃や消毒など動物とは触れ合わない仕事が多い

ペットショップの仕事は常に動物たちと触れ合っているわけではありません。

その仕事の多くは清掃や消毒、ペットフードなどの商品管理や品出し、売り上げ管理などです。

物を売る販売員と同じ仕事も多いですし、それにプラスして、生き物を扱うことの難しさが加わる仕事になります。

動物たちは可愛いですが、新人の場合や動物に関する知識が薄い場合などは、1日が雑用で追われ、動物にはほとんど触ることができない場合もあります。

とにかく体力仕事

ペットショップでの仕事はあまりイメージにないかもしれませんが、とにかく体力仕事です。

動物の体重計測や、ペットフードなどの重たい商品の搬入など力仕事が多く、清掃なども他の販売の仕事に比べても格段に大変になります。

ペットの散歩、シャンプーやトリミングなど、体力を使う事ばかりで、仕事が終わったらクタクタで動けなくなることもあります。

動物だけでなく器具なども含めた幅広い知識が必要

ペットショップによっては複数の動物を扱うことになります。

自宅で飼っている動物が好きだという理由で就職してしまうと、他の動物の知識を入れるのが大変だという面もあります。

また、動物だけでなくフードや器具なども同時に販売することがほとんどです。

それらの商品に関する幅広い知識も必要になります。

店を訪れる客は、「ペットショップの販売員なら何でも知っている」と思って来るので、それに応えられるように知識を深める必要があります。

土日勤務は当たり前で休みが取りにくいことが多い

ペットを見に来る客はやはり土日や連休が多いので、販売員もシフト制で土日や休みが取れないことがほとんどです。

また、少人数のスタッフで働く店も多い為、連休を取るのも難しくなります。

有休などもあってないようなものという店も多いです。

土日勤務で連休も取れないとなると、家族や友人、恋人と休みを合わせたり、プライベートの充実を図ることが難しいため、辞めたいと感じる人が多いです。

動物は商品になってしまうから好きだと余計辛いことがある

ペットショップで正社員として働くには、何より動物が好きであることが一番大切と言われますが、好きだからこそ余計に辛いという側面も大きくあります。

あくまでもペットを商品として売る場所ですから、動物を商品として見る必要がでてきます。

店長の方針によっては、ペットがなかなか売れないと強く言われることもあります。

また、客によっては自分の世話がなっていないのに、動物が悪いと言ってクレームをつけてくる場合もあったり、そのペットに対する対応の悪さに辛くなってしまうこともあります。

動物が大好きだからこそこの仕事が嫌になった、という人はかなり多いです。

ペットショップ店員が辛いなら転職しよう

ここまでご紹介したように、ペットショップの店員は正社員であるにもかかわらず非常に低い年収で、体力的にも大変な仕事を強いられます。

動物が好きだから選んだのに、動物に対する対応の悪さを目の当たりにしたり、商品として見ることに割り切れない人も多いでしょう。

将来のことを考えても年収アップは見込めませんし、その状況では辛すぎますから、転職を考えてみましょう。

ペットショップの店員は、何も動物を相手にすることがメインの仕事ではありません。

あくまでも客という人を相手にする接客業ですから、身につけた接客スキルは他の業界でも活かすことができるはずです。

また、未経験でも可能な事務や営業の仕事でも、ペットショップの店員ほど給料や待遇に恵まれていないケースはそうはありません。

生活が安定し、将来のために貯金ができるようになれば、精神的にも落ち着いて人生を楽しめるようになります。

転職は転職エージェントを利用するとスムーズ

ペットショップ店員を辞めて転職をするのであれば、転職エージェントを利用しましょう。

ハローワークや求人誌などの転職活動と比べても良質な求人を多く扱っていますから、希望の条件に合う求人が見つけやすいでしょう。

また、転職支援のプロであるキャリアコンサルタントから、応募書類の添削や面接時のアドバイスなど様々な支援を受けることができます。

一人でやみくもに転職活動をするよりも、早期採用の確率がぐっと上がりますから、ぜひ活用してみてください。

過酷なペットショップ店員から抜け出そう

今回はペットショップ店員の仕事の辛さについてご紹介しました。

ペットショップは可愛い動物たちと触れ合える楽しい側面ばかりではありません。

肉体的にも精神的にも辛い仕事ですから、早めの転職を考えてみてください。