クライアントの要望を受け、システムの設計や開発を行うシステムエンジニアはIT関連の仕事の中でも人気が高く、業界内でも多くの需要があります。

将来性が高いIT業界で働くのであればシステムエンジニアとして働きたいと憧れている人も多いのではないでしょうか?

やりがいもありITに興味のある人にとっては楽しいと感じることもできる職業でしょう。

しかし、もちろん楽しいだけの仕事ではなく、かなり激務で辞めたいと感じている人も多くなっています。

システムエンジニアとして転職を考える方は、その仕事のデメリットについてはしっかりと理解した上で転職を果たしましょう。

また、転職活動をする上で気を付けたいこともありますので合わせてご紹介していきます。

システムエンジニアの仕事にはどんなデメリットがある?

システムエンジニアは将来性が高い仕事として注目されている職業ですが、大変なことも多く辞めたいと感じる人も多いです。

では、システムエンジニアの仕事のデメリットについてはどのように言われているでしょうか?

仕事は深夜まで及ぶこともある

システムエンジニアはサービス残業などが多いことでも知られています。

もちろん企業の方針などによっては残業なく帰れる場合もありますが、残業がほとんどないシステムエンジニアは少ないようです。

近年はIT業界全体として残業の多さが指摘されたり、労働基準監督署などの監査が入ることもあり改善されつつあるとは言われています。

しかし、いまだに深夜残業やひどい場合には会社に泊まってまで仕事を完成させるときもあります。

納期が迫っていれば休日出勤も当たり前

日頃の残業が多いだけでなく、納期の状況によっては休日出勤を余儀なくされることもあります。

プロジェクトが終われば一旦落ち着くというメリットもありますが、それでも休日なしで毎日遅くまで働き続けた体はボロボロになっています。

せっかく繁忙期を過ぎても体調不良で1日寝込んでしまうことなどもあります。

耐えられず辞める人も多いから仕事量が突然増えることがある

システムエンジニアの仕事は残業や休日出勤が多いですが、人によっては仕事自体が面白いため苦にならずに続けられることもあります。

しかし、自分自身は耐えられても、職場の人がすべて耐えられるというわけではありません。

ある日突然出社拒否をして同僚が辞めてしまったため、自分に仕事が回ってきてしまうこともあります。

本人がいない状態で途中から人の仕事を引き継ぐ大変さと、仕事量そのものが多くなって抱えきれないという大変さがあります。

プライベートを充実させることができない

システムエンジニアになる人は、いわゆる手に職系の仕事ですから仕事自体にはやりがいや面白さを感じている人が多いです。

しかし、その多忙さゆえに仕事一色になりがちで、家族や友人、恋人などと一緒の時間を過ごすことが難しくなります。

独身であればまだ良いのですが、家族がいる場合には離婚の原因となってしまったり、子供に寂しい思いをさせてしまうことにもなります。

仕事は好きだけれどプライベートを充実させる時間が欲しいという場合は、働き方の多様化が進んでいる革新的な企業へシステムエンジニアとして転職を考えるのが良いでしょう。

システムエンジニアに転職するときに気を付けたいこと

システムエンジニアへの転職を考えている人は、転職活動にあたって覚えておきたいことがあります。

常に走り続ける仕事なのだと覚悟しておこう

IT技術非常に速いスピードで進化していっています。

今珍しい技術やサービスでも、数年後には見向きもされないぐらい当たり前のことになっている可能性もあります。

また、トレンドも移り変わりが激しいために、常に新しいことを採り入れたり、視野を広くアンテナを張っておく必要があります。

今自分が持っている技術に固執したり、学び続ける姿勢がなければシステムエンジニアとして長く活躍することは難しいことなのだと覚悟しておきましょう。

人と関わらなくていいわけではない

IT関連の仕事は、基本的にパソコン相手に仕事をするイメージがあり、人と話したりコミュニケーションを取ることが苦手だという人が選びやすい業界でもあります。

しかし、システムエンジニアに関しては、コミュニケーション能力が必須になります。

クライアントがどのような設計を求めているのか、要望をしっかりと聞き取り、疑問点については解消しておく必要があるからです。

また、自分自身はITに詳しくても、クライアントは素人であったり、専門用語を使っても理解されないことも多いです。

誰にでも伝わるようにわかりやすい説明をするのは簡単ではなく、高いコミュニケーション能力が求められることなのです。

必ずしも専門学校などを出ている必要はない

システムエンジニアになるには、情報系の専門学校や大学などを出てなるという方法が主流になりますが、必ずしも学校を出ている必要はありません。

現場でプログラマーとして働くうちにシステムエンジニアへとステップアップしていく人もいますし、全くの異業種からシステムエンジニアへと転身した人もいます。

システムエンジニアになる道は様々ですから、自身の適正やスキルレベルと照らし合わせながらじっくりと検討していきましょう。

転職活動はプロの力を借りるべき

システムエンジニアに転職を考えるのであれば、転職活動は転職支援のプロである転職エージェントの力を借りるのがおすすめです。

システムエンジニアは企業によって求められるレベルや働く場所なども異なるため、自分一人で転職活動を行うには限界があるからです。

ハローワークや求人誌などに比べて圧倒的に求人数が多く、希望の条件に合った求人が見つけやすいですし、プロの視点から適切な求人を紹介してくれることもあります。

また、応募書類の添削や面接時のアドバイスなどを受けるから、転職の成功確率が上がることでしょう。

エンジニアに特化したエージェントもありますし、どの転職エージェントも無料で利用できますからぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、IT業界で需要が多いシステムエンジニアの仕事のデメリットと、転職活動で気を付けたいことについてご紹介しました。

活躍の場が多いシステムエンジニアですが、激務のためできるだけ残業が少ないなど条件が良い求人を見つけることが、長く働くためのポイントになります。

今後の転職活動の参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。