近年注目が高まっている臨床心理士は、心理系の仕事の中でも特に知られており、この仕事をやってみたいと考える人も増えています。

知識や経験が必要な仕事のため、新卒でこの仕事になるというよりは、様々な仕事を経て転職先とし選ぶ人も多く、年齢が高くても続けやすい仕事です。

知名度は年々高まってはいるものの、メジャーと言えるほどまで職種としては浸透しておらず、具体的にどんなやりがいや大変さがあるのか分からないという人も多いです。

そこで今回は、臨床心理士の仕事のメリットや仕事の大変さについてご紹介していきます。

臨床心理士ってどんな仕事?

臨床心理士は日本臨床心理士資格認定協会が認定する資格名ですが、この名称に限らず心理カウンセラーやアドバイザー等と言った名称で活動している人もいます。

国家資格ではありませんから、必ず臨床心理士資格がなければやれない仕事というわけでもありません。

仕事の内容や求められるスキル等も所属場所によって異なるため一概には言えません。

臨床心理士の仕事のメリットややりがいについて

臨床心理士という仕事にはどんなメリットややりがいを感じることができるのでしょうか?

臨床心理士の需要は広がっていく

臨床心理士の仕事は明確に仕事内容を定義づけることが難しい仕事のため、職種としての知名度はさほど高いとは言えません。

知っていたとしても具体的に何をしている仕事だと言える人は多くはないでしょう。

しかし、現代はストレス社会ですから、職場でも学校などでも臨床心理士を始めとする心理系の仕事に求められる役割は大きくなっています。

心理系の資格で初の国家資格となる公認心理師法が成立したことも、心理系の仕事の必要性が高まっていることの表れと言えます。

将来的な需要も期待ができ活躍の場も広がっていくことでしょう。

世代や場所によって様々な選択肢が増える

臨床心理士の活躍の場所は病院や学校、企業など様々で、相手の世代も子供からお年寄りまで幅広いです。

そのためどんな方向性でやっていきたいかを決める際に選択肢が多数あります。

もっとも、その分一つの企業で安定して働き続けていくということは難しく、常勤以外の選択肢も考えていく人も多いという側面も持っています。

悩みを解決して進んでいく姿を見るのがやりがい

この仕事のやりがいは何といっても、支援をした相手が悩みを解決することで笑顔になったり、立ち直って進んで行く姿を見ることでしょう。

本人や家族から感謝されたり元気に活躍している姿を見るのは心理士自身にとっても大きな励みになることと言えます。

臨床心理士の仕事の大変さ

臨床心理士はどんなところが大変な仕事なのでしょうか?

経験が求められる仕事

臨床心理士などの人の心に働きかける、悩みを聞くような仕事は、資格などよりも経験がものを言う仕事です。

一回のカウンセリングで解決することばかりではありませんし、何年もかけて心の癖や考え方を修正していくこともあります。

明確な答えもありませんから、何がゴールなのかわからないということもあり曖昧な部分も大きい仕事です。

まだ経験が浅い臨床心理士では対処しきれないこともあったり、個人的な感情が大きく影響されてしまうこともあります。

そのため、長く働いて経験を積んでいくことが臨床心理士として果たせる役割も大きくなっていきます。

人の心の闇に触れたり悩みを聞くことによる精神的な負担

臨床心理士の仕事は、家族や恋人にさえも言えない悩みを聞くことがあったり、複雑な家庭事情を知ったりと、心の深い闇を垣間見ることが多くなります。

助けを求めている人の手助けをしたいと考える心理士にとってはやりがいも大きい仕事ですが、心理士自身の精神的な負担も大きくなります。

常に向上心を持ち勉強する努力を惜しまないこと

職場でのストレスや家庭内での悩みの他、近年はSNSイジメなど新しい問題もあります。

心理学の研究も進み、昔は当たり前に行われていた対処方法や言っても良い言葉など、今では使われなくなったものもあります。

時代に合わせて常に勉強を続けていくことが大切で、自分自身も成長していかなくてはなりません。

高い向上心を持ち突き進んでいく覚悟がなければ臨床心理士として活躍することは難しいと言えます。

果たす役割は大きいけれど給与には恵まれていない

心理系の仕事は所属場所によって求められる役割や期待が異なるため、給与水準も様々です。

カウンセラーなどとして独立し、成功している場合は高収入も可能ですが、場所によっては専門性の低い一般事務などよりも低い給与という場合もあります。

例えば病院や施設などのの医療相談室に所属して相談員として働く場合は、年収200万円台ということもあります。

これは、経営者の考え方によって臨床心理士の重要性の捉え方が大きく違うということが言え、利益を直接的に生み出すような営業や製造などの仕事に比べると、評価が低い場合があるということかもしれません。

転職先は心理系の仕事として幅広く探すのがコツ

臨床心理士の転職市場ですが、臨床心理士という仕事をピンポイントで探すのは難しいと言えます。

なぜなら前述したように、この仕事の領域の線引きが曖昧で幅広いという点と、国家資格ではないため様々な名称でカウンセリング業務などを行っているケースが多いからです。

臨床心理士として働きたいというよりは、どんなアプローチ方法で心理面からの支援を行っていくのか、具体的にどんな業務を行うのかなど、仕事内容をしっかり見極めていく必要があります。

転職前に詳細を確認する必要がありますから、気になる企業があったら掘り下げて聞いていくようにしましょう。

このとき、一人で情報収集するには限界がありますから、転職エージェントを利用すると良いです。

企業内情に詳しいだけでなく、掲載企業から聞き取りを行ったり採用担当と連絡を密接に取り合っていきますから、応募者が気になる情報を聞きだしてくれるはずです。

最後に

いかがでしたか?今回は、需要が高まる臨床心理士について、仕事のメリットややりがい、大変さをご紹介しました。

一生勉強という大変な仕事ですがやりがいは大きく、努力次第で活躍の場が広がる可能性があります。

転職するにはしっかりと情報収集を行って適正な転職先を見極めていくようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。