転職先として同業他社を考える人は多いです。特にリスクを負えない世代にとっては最も確実な転職先として人気が高いです。

しかし、同業他社にこだわり過ぎてしまって選択肢を狭めることはリスクも伴います。

今回は、同業他社への転職で気を付けたいことをご紹介していきます。

同業他社への転職を考えるのはごく自然なこと

今の仕事に不満があって、同業他社への転職を考えるという人は多いです。

これまでの経験や知識を直接活かすことができて、仕事を一から覚える必要はないのは大きなメリットです。

企業側としても即戦力として採用が可能なため、転職は比較的しやすいということも言えるでしょう。

全く未知の世界へ飛び込んで違う仕事をするより転職におけるリスクは少ないですから、ごくごく自然な考えです。

しかし、同業他社への転職だけに絞って考えてしまうのは少々危険なこととも言えます。

今一度、転職理由や今後の方向性についてしっかり検討する必要があります。

世間は狭い。業界内で噂が広がるケースもある

同業他社への転職で少し気を付けたいのは、今の会社とトラブルがあったり恨みがある気持ちで転職する場合です。

頑張っても評価してくれない、理不尽な働き方を余儀なくされたなど、ブラック的な会社にいた場合に当てはまるケースです。

業界にもよりますが、業界内のつながりが強い場合には、前の会社でのトラブルや評判が転職先に知られてしまうこともあります。

実際には不当な扱いをした会社を見返すために同業他社で成功したい、という思いがあったとしても、退職前に波風を立てずやはり円満退職をするべきです。

恨みつらみを伝えて退職したところで、一時の気持ちは晴れるかもしれませんが、転職後に足を引っ張られることになっては本末転倒です。

転職理由の説明は慎重に

同業他社へ転職するということは、仕事そのものは変えないということですから、前職の会社そのものに何らかの不満があったのではないか?と考えられることはあります。

例えば給与や待遇、人間関係など仕事以外のところが嫌で辞めている可能性があるということです。

どんな転職の場合でも必ずといっていいほど聞かれる転職理由ですが、同業他社への転職は説明に慎重さが求められます。

業界の将来性や仕事内容のメリットについては、前職でも叶えることができたのにナゼ?と思われますから、希望企業の特性や前の会社にはない魅力をしっかりと研究して、前向きな転職理由を述べる必要があります。

間違っても給与に不満があったとか、上司と考え方が合わなかったなど、マイナス的な理由を伝えないようにしましょう。

転職してからも同じような不満で辞めてしまうのではないかと思われることになります。

同じ理由で辞めることになる

辞めた理由は面接で正直に伝えない方が良い場合はありますが、自分の中では辞めたい理由はしっかりと整理しておかなくてはいけません。

特に人間関係などの環境要因ではなく、仕事内容そのものに不満があった場合は注意が必要です。

肉体労働が多い、接客によるストレスがあるなど、仕事の特性上仕方がない理由が中心にあると、同業他社へ転職しても改善される可能性は低いと考えておきましょう。

同じような仕事をする同業他社へ転職しても、同じような理由で辞めたくなるということです。

仕事内容への不満プラス人間関係など複合的な理由の場合は、同業他社への転職をするにしても職種変更を伴った方がうまくいく場合があります。

「前はこうだった。」を連発すると煙たがられることになる

 

転職は言うまでもなく単に転職できれば良いのではなく、転職後に長く続けることができることが大切です。

転職しても早期退職することになるのであれば転職が失敗だったと言えます。

同業他社に転職する場合に失敗しがちなのは、前の会社とすぐに比べてしまい、しかもそれを口に出してしまう人です。

同じような仕事をするにしても会社によってやり方は違いますから、転職して最初のうちは戸惑ったり、慣れたやり方の方がやりやすいと感じることでしょう。

しかしそれを「前の会社はこうだった。」と比べるような発言が多い人は、「じゃあ何で転職したんだ?」と周囲から煙たがられることになってしまいます。

そうなると居心地が悪くなったり人間関係がうまくなくなったりして、再度の転職に踏み切ることになるでしょう。

大きくステップアップできる人はどこに行ってもできる人

 

同業他社に転職することは、仕事がスムーズに行うことができたり、即戦力として経験や知識を活かしやすいというところがメリットです。

しかし、前職に比べて年収が大幅に上がったり、役職につきやすくなったり、大きくステップアップできるというわけではありません。

年収が大幅にアップするのは、やはり業界や職種を変えたときです。

業界内で同じような仕事をしている以上、給与でも大体の相場というものがありますし、会社によって多少の違いはあっても望むほどの収入アップとはいかないケースが多いです。

同業他社に転職して大幅にステップアップできるのは、どこに行ってもステップアップできる人です。

つまり、前職であってもステップアップできる力のある人だから、同業他社からお声がかかって好待遇で迎え入れられたりするわけです。

大きくステップアップを目指すのであれば、まずは今の会社でとことんやれるまでやってみるか、異業界・異業種への転職を考えてみても良いのかもしれません。

同業他社への転職は間違っていない。でも選択の幅を広げるべき

ここまで同業他社への転職を考えるときの注意事項をご紹介しましたが、何度もお伝えしている通り同業他社への転職は決して間違っていません。

しかし、そこにこだわり過ぎるあまり視野が狭くなり守りに入ってしまい、大きくステップアップできるチャンスを逃してしまうこともあります。

同業他社への転職はあくまでも選択肢の一つとして考えて、他の業界や業種でも自分の知識や経験が活かせないかどうかは考えていくようにしましょう。

意外なところで活かせて、しかも業界外だから今までとは違う評価を得ることができる、なんてこともあるのです。

選択肢を広げたいなら転職エージェントを利用した転職活動がおすすめです。

業界や業種は違うけれど、知識や経験が活かせる、自分では思ってもいなかったような転職先を紹介してくれることがあります。

最後に

いかがでしたか?今回は、同業他社への転職の注意事項をご紹介しました。

同業他社への転職は転職しやすいですがリスクも伴います。

しっかりとリスクも許容した上で本当に同業他社が転職先としてふさわしいのか、それとも他の選択肢を選ぶべきかじっくりと考えることが大切です。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。