法人営業と個人営業では営業スタイルが全く異なります。そして、それぞれメリット・デメリットがあります。

同じ営業職でも適性が変わってくるので、転職前にぜひ法人営業と個人営業の違いについて知っておきましょう。

今回は、法人営業と個人営業それぞれのメリットとデメリットについてご紹介していきます。

ぜひ、自分の適正を見極めるヒントにして下さい!

法人営業のメリット・デメリット


法人という組織を相手にする法人営業には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

法人営業は安定して働きやすいのがメリット

法人営業の場合、基本的には土日休みの会社が多くなります。

営業先が個人の場合は、仕事が休みの人が多い土日に働くことは必須になりますが、法人営業であれば土日を休むことも可能です。

家族や友人とプライベートの時間を過ごすことも可能で、オンオフを区別してしっかりと休むこともできます。

また、相手は法人なので、個人に比べて資金力もあり、比較的高い契約金が発生する案件が多いです。

相手担当者も自分の資産ではなく会社の予算内で契約するかどうかを判断するため、積極的に契約に向けて動いてくれることも多いです。

元々営業先の法人が会社によってある程度決められていることもあるので、営業マン本人の裁量というよりは、会社の方針によって左右される一面もあります。

そのぶん、営業本人の責任も低めで精神的な安定もあるとも言えます。

このように法人営業は、勤務形態や精神面での安定性や、契約が比較的取りやすいというメリットがあります。

営業スキルが発揮できにくいこともあるのがデメリット

法人営業も個人営業も営業スキルそのものは求められますが、法人営業の場合は例え優秀な営業マンであっても契約までに時間がかかることがあります。

なぜなら商談の相手が決裁権を持たないことも多く、会社の予算との兼ね合いもあって即決できないからです。

個人営業のように、営業マンの力量次第で「じゃあこれも買います。」という風にはなりません。

相手の購買意欲は高い一方で実際に決済までには慎重になるため、営業スキルが高い営業マンであってもその力が十分に発揮できないことがあるのです。

この点から言うと、法人営業の場合は営業スキルによって営業マン同士の差がつきにくいとも言えます。

個人営業のメリット・デメリット


では、個人相手の個人営業にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

スキル次第でトップ営業になる可能性があるのがメリット

個人営業の場合は、営業マンの力量や魅力次第でどんどんファンがつき、トップセールスマンになることも可能です。

自分の営業スタイルを確立させて工夫していけば、努力が結果として目に見えて表れることもあります。

また、個人という大多数の人を相手にする営業のため、人と話すのが好きという人にとっては楽しい仕事でもあり、営業職の醍醐味と感じる人もいるでしょう。

お世話になった顧客が別の顧客を紹介してくれたり、人と人とのつながりによって営業成績を拡大させていくこともあります。

安定性が低く仕事がハードになりがちなのがデメリット

一方で、個人営業は資金力がない個人相手ですから客単価も低く、個人消費の場合は財布の紐が固くなってしまいます。

ノルマをなかなか達成できなかったり、歩合の場合は契約が取れないと給与が安定しないというデメリットもあります。

たくさんの人を相手にするため仕事量が膨大になるケースも多いです。

また前述したように、個人の仕事が休みの土日や平日の夜などを使って営業をかける必要があるため、必然的に土日出勤は当たり前で残業が夜遅くまで及ぶこともあります。

住宅や自動車など客単価が高い個人営業もありますが、単価が上がるほど契約が取りにくく仕事もハードになる傾向にあります。

同じ営業でも全然違うので転職前に方向性を考えよう

法人営業と個人営業、どちらもメリット・デメリットがあり、どちらが良いというのは一概に言えません。

営業職でありながら安定性を求めるのであれば法人営業の方が良いでしょうし、頑張り次第で大きく稼ぐことを目的とするなら個人営業も良いでしょう。

自分が仕事に何を求めるかによって変わってくるので、単に営業と言ってもどんな働き方をしたいのか、転職前に方向性を考えておくようにしましょう。

また、現に営業職についていて、今の仕事が大変だけれど営業スキルを活かした仕事をやりたいという場合には、逆のタイプの営業を選んでみるのも手です。

営業スキルを活かしつつ、違う働き方ができるでしょう。

条件の良い営業の仕事を探すなら転職エージェントを利用しよう

法人営業でも個人営業でも、営業職を目指すなら条件にこだわって優良な求人を探すべきです。

そのためには、適切な転職活動の方法を利用するのが大切です。

おすすめは転職エージェントを利用した転職活動です。

転職エージェントはハローワークや求人誌などに比べても圧倒的に多数の求人を取り扱っているため、希望の条件に合った求人が見つけやすいからです。

また、営業職はノルマが設けられている場合が多く、ブラック的な働き方を余儀なくされる良くない求人も散見されます。

しかし、転職エージェントの場合は掲載にあたって企業審査をしっかりと行っているため、無料で掲載できる媒体と比べてブラック企業に当たりにくいというメリットもあります。

その他にも様々な転職ノウハウを提供してくれる転職エージェントは無料で利用できるので、ぜひ活用してみてください。

自分にあった営業に転職しよう

今回は、気になる営業職の法人営業と個人営業のメリット・デメリットについてご紹介しました。

それぞれ特性が違いますから、自分がどんな働き方をしたいかの基準によって合う合わないがあります。

まずは自己分析をしっかりと行い、どちらの営業で頑張りたいのか方向性を確立させるようにしましょう。

今後の転職活動の参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。