転職活動を始めると、まず履歴書や職務経歴書をとりあえず書き始めるという人がいます。

しかし、これらの書類は非常に大切なもので、何となく書いてしまっては書類選考すら通らないということにもなります。

まずは「自分がどんな人間なのか。」自己分析をじっくりしてみましょう。

自己分析がしっかりできるかどうかで、今後の転職活動が成功するかどうかがかかっていると言っても過言ではありません。

今回は、基本の自己分析の方法についてお話していきます。

嬉しかったこと、辛かったことを元にモチベーションの基準を分析

自分はどんなときに嬉しいと感じ、逆にどんなときに辛くて落ち込んだりする傾向があるでしょうか?

仕事だけでなく学生時代も含めて自分が嬉しかったこと、辛かったことなどを書き出していきましょう。

そこから、意外とわかっていなかった、自分のモチベーションの上がり下がりがどこを基準にしているのかが見えてきます。

例えば、テストの順位が友達より上だと嬉しくてさらにやる気がでる、団体競技より個人競技のスポーツをやることに楽しさを感じるという場合は、競争社会で結果を出すことを求められるとモチベーションが上がりやすいタイプかもしれません。

また、彼女と別れたら部活に身が入らなくなった、家で嫌なことがあると学校や職場でもイライラしてしまうという人は、プライベートがモチベーションに大きく影響してしまうタイプと言え、プライベートを重視できる職場環境が向いているのかもしれません。

仕事を続けていく上でモチベーションを保つのは非常に大切なことですから、できるだけモチベーションを保ちやすい環境に転職するとうまくいきやすいです。

得意なこと・不得意なことを分析

次に自分の得意分野と不得意分野を書き出していきましょう。

昔から細かいものを作るのが得意だった、作文コンクールで賞を取ったことが何度があるなど、どんな小さなことでも良いのです。

反対に不得意なことについても、じっと座っているのが苦手で落ち着きがないと言われる、初対面の人とほとんど会話をすることができないなど、日ごろから感じていることを書き出していきましょう。

社会人になってからのことであれば、上司や先輩から褒められた経験はないか、いつもうまくできる仕事はどんなところか具体的に書き出していきます。

細かいミスが多いなどよく注意を受ける点、できればやりたくないと日ごろから感じている仕事はどんなことかなども挙げられます。

これを元に、自分の強み・弱みを分析し、強みが活かせる業界や職種はどんなものなのかにつなげていきましょう。

数年先の未来をイメージする

3年、5年、10年という風に、自分がどんな風になっているのかをイメージします。

例えば以下のようなことです。

  • 3年後…どんな仕事もテキパキとこなし周囲から頼られる存在になっている
  • 5年後…チーフなどリーダークラスに昇格している
  • 10年後…管理職になって職場をまとめている

という風に、具体的にイメージすると良いです。

数年単位の着地点を決めることで、そこにたどり着くためにどうすれば良いのかを考える癖がつき、転職の方向性が明確になっていきます。

そして、イメージした自分はなりたい自分でもありますから、自分が仕事に対してどんなことを求めているのかが見えてきます。

自分が大切にしたいポイントは何か?

これは非常に大切な要素で、ここだけは譲れないというポイントを決めておかないと転職がうまくいきません。

とにかく高い給与を得てやりたい夢を実現させたいのか、家庭やプライベートを優先させたいから残業が少ない職場を選びたいのかなど、自分が大切にしたいポイントを考えておきましょう。

もちろん、一つに絞るのは難しいでしょうから、大切な要素がいくつもあるというケースは多いです。

その場合は、優先順位をつけていき、できるだけそれが叶えやすい職場を選んでいくことが大切になります。

転職ですべての条件を満たす仕事はそうはありません。

トータルで考えていくためにも、優先順位をつけることは必要なのです。

自己分析プラス客観要素も加える

ここまでの自己分析は非常に大切なことですが、あくまでも自己分析なので、自分では気づいていない強みや弱みなどがあります。

これに客観的な要素が加わることで分析の精度が増しますし、周囲の評価と自己評価とのギャップに気づきます。

なぜそのギャップが生まれているのか、自分の言動を振り返っていき、もう一度強みや弱みを整理して考えることができます。

客観的な要素は信頼できる職場の先輩や友人などの他、転職支援のプロであるキャリアコンサルタントなど、しっかり意見を言ってくれる人を選ぶことが大切です。

そしてここでは、「私はそんなことない。」と、人の意見を頑なに拒むようなことはせず、「他人からはそう見える。」という事実として冷静に受け止めるようにしましょう。

自己分析を元に適切な転職先を決めることができる

自己分析がしっかりできれば、転職の方向性が明確になりますから、次に気になるのは「どこに転職するか」ということになります。

自分の強みや方向性が明確になっても、それに適した職場に転職できなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

このときは、業界の特性や企業内情に詳しい転職エージェントを利用すると、適切な転職先が見つかりやすいです。

カウンセリングを通して自己分析結果を伝え、具体的にどんな業界や職種で活かすことができるのかを相談していきましょう。

応募書類の添削は必須

自己分析ができ、希望企業が決まったらいよいよ応募書類を書いて応募になります。

履歴書や応募書類は転職エージェントで添削してもらえますから、アドバイスを受けるのがおすすめです。

たまに職務経歴書などもとにかくびっちりと細かく書いてある人を見かけますが、あまりに見にくい内容であったり、要点が絞られていないようだと、どれだけ立派な職歴があっても見てもらえないことがあります。

プロに見てもらって、しっかりと「評価される」応募書類の作成を目指しましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、転職活動で外せない基本の自己分析の方法をご紹介しました。

どんな業界や職種に転職するにしても、基本的な自己分析の方法は共通しています。

自分の特性や能力を書き出して視覚化することで、自分という人間がきちんと整理され、相手の心にささるアピールができるようになります。

自己分析の重要性をしっかり理解した上で転職活動に励んでいきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。