転職活動で欠かせない履歴書を手書きで書くのか、それともパソコンで作成するのか迷った経験はあるのではないでしょうか?

人によって考え方がわかれるところで、絶対に手書きでなくてはいけないと感じる人や、パソコンの方がメリットが大きいからパソコンで作成すべきという考え方の人もいます。

そこで今回は、履歴書を手書きにすることとパソコンで作成することのメリットとデメリットをそれぞれご紹介していきます。

果たしてどちらで書くのが正解なのでしょうか?

履歴書をパソコンで作成することのメリットは修正のしやすさと時短

履歴書をパソコンで作成することのメリットは、文字の修正が容易であるということです。

手書きのように一文字間違ったら書き直す必要がなく、一度大枠を作成してしまえば、あとは志望動機など企業によって異なる部分だけ修正すれば良いため、大幅に時間が短縮できます。

これによって、職務経歴書などの作成に時間をかけることができたり、多くの企業に応募できるため選択の幅が広がるなどのメリットがあります。

特に転職組は今の仕事をしながら空いた時間を使って転職活動をする人も多いですから、基本の書類である履歴書の作成にかかる時間を削減できるのは非常に助かります。

また、字を書くのが苦手という人にとっては見た目の美しさという点でもメリットがあります。

パソコンで作成した履歴書は意外にも見にくいというデメリットが?

パソコンで作成した履歴書は、ネット上でダウンロードした書式を使うのが主流ですが、印刷の状態によって無駄な余白ができてしまったり、書類として見たときに違和感を感じることがあります。

企業の人事担当の人が履歴書をファイリングするときの穴の位置まで考えて印刷している人ばかりではありません。

そして、文字のサイズが自由に変更できるのは良いのですが、文字サイズが小さすぎて逆に読みにくい履歴書になっている人も見受けられます。

これはパソコンで作成した履歴書で意外と多いパターンです。

また、手書きと違って誰が入力しても同じ字になりますから個性がでにくく、少し冷たい印象を持つという人もいます。

手書きの履歴書は熱意が伝わりやすい

手書きの履歴書はメリットというより「大切な書類は本来そういうもの」という考え方が根付いているとも言えます。

手書きでなければ失礼だと思う経営者もまだまだいますから、そういう意味ではパソコン作成より安心感はあります。

また、強みは手書きによる熱意が伝わりやすいということで、一生懸命丁寧に書いた文字から「この会社に入りたい」という想いが伝わります。

書道の世界では「書は人なり」と、字は人柄や教養を表すと考えることがあります。

このため特に年配の方や書道をされている方などは手書きの文字に思い入れが深いため、丁寧で読みやすい文字で書かれた手書きの履歴書に好感を持つこともあります。

手書きの履歴書のデメリットは時間がかかり修正できないこと

手書きの履歴書のデメリットは、まずは時間がかかってしまうというところにあります。

氏名・住所・学歴・職歴など基本情報を記入するだけでも相当な時間がかかりますし、ましては企業に提出する書類ですから、ささっと書くわけにはいかず余計に時間がかかります。

また、一回でスムーズに書ききれれば良いのですが、一文字間違えただけでも基本的には新しい履歴書に書き直す必要があります。

修正ペンなどで修正するのはご法度ですから、書き間違いで「あっ!」となった経験がある人も多いのではないでしょうか?

他には、字が汚いとコンプレックスを感じている人にとっては、手書きということ自体、できれば避けたいと感じることでしょう。

業界や企業によって使い分けるという考え方

ここまで、手書きとパソコン作成のメリット・デメリットをご紹介してきましたが、応募企業によってある程度使い分けることはできます。

例えば、Webでのエントリーや履歴書をメール添付するような応募形式の場合、当然パソコンで入力したものが好ましいです。

ここでわざわざ手書きにしてしまうと、基本的なパソコンスキルを疑われてしまうことにもなります。

その意味では、ITを駆使した事業を展開している企業などもパソコン入力の方が適しているかもしれません。

一方、アットホームな雰囲気の会社や、接客業などの場合、字から人と成りを見たいと考えたり、気持ちが入りやすい手書きを好む経営者も多くいます。

結論:正解はないけれど迷ったら手書きが無難

手書きかパソコンかの結論としては、どちらが正解というのはなく、人によって好みがわかれる、ということが言えます。

ただ、どちらが良いかわからないという場合は、手書きが無難です。

理由としては、パソコンでも手書きでもどちらでもよいと考えている人は多いですが、パソコンでなくてはいけないと考えている人は多くはないからです。

逆に、手書きでなければいけない、と考えている人は一定数います。

個人的な感覚だと、企業側から何も指定しなかった場合に送られてきた履歴書は7~8割程度の割合で手書きのものが占めていました。

世間一般的にも手書きがまだまだ主流なのかもしれません。

ただ、年々パソコン作成のものも増えてきてはいます。

字が汚いと悩む人へ

先ほど少し触れましたが、字が汚いとコンプレックスを感じている人の中には、手書きの履歴書がマイナスイメージを与えるのではないかと不安を持つことがあります。

ただ、はっきりと申し上げて、字の良し悪しが直接的に影響する仕事でもない限り、字が下手だから書類選考で落とされるということはありません。

あるとすれば、うまい下手ではなく丁寧に書かれているかどうかです。

下手なりに丁寧に一生懸命書いた文字は熱意が伝わりますし、読み手への気遣いも感じられます。

下手だからと言って諦めて乱雑に書いてあれば、それは読み手の立場に立っていないということですから、マイナスポイントになり得ます。

ぜひそのことを忘れないでください。

履歴書の添削は転職エージェントに依頼しよう

履歴書は手書きかパソコン作成かより、誤字脱字や社名や資格名に正式名称を使っていないなど、基本的なことがマイナスポイントになります。

作成した履歴書を自分で見返すのは当然として、できれば第三者の目が入った方が安心です。

転職エージェントであれば履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削を無料で行ってくれますし、プロの目から見て志望動機が適切かなど役立つアドバイスをくれます。

最後に

いかがでしたか?今回は、履歴書の手書きとパソコン作成について、メリット・デメリットをご紹介しました。

それぞれ特徴がありますから、業界や企業、応募方法などに合わせて使い分けるのが最も効率的な作成方法なのかもしれません。

今後の書類作成の参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。