話している姿を見て好感が持てる、言っていることが耳に入ってきやすい、そんな人は良い意味で癖のない話し方をします。

一方で癖の強い話し方や言葉の選び方をする人は、どれだけ良いことを話していても、内容が伝わりにくいことがあります。

面接官も人間ですから、癖が気になってしまって中身が入ってこないということです。

癖なので自分では気づかないことも多いのですが、それが原因で面接が成功しないのは避けたいものです。

普段から自分の話し方に強い癖がないかどうか意識していくことが大切ではないでしょうか?

今回は、転職活動の面接で気を付けたい言葉の癖についてご紹介していきます。

ネットスラングを使う

特に若い方やSNSなどを私生活で頻繁に利用する人が気を付けたいのが、ネットスラングと呼ばれる俗語を当たり前に使ってしまうことです。

ググる、リア充、コミュ障など、ネット上で使われる言葉は、普段の会話で使われたり、読み物でも読み手の意識が入りやすいように使われることも増えてきました。

面接でまさかのネットスラング?と思うかもしれませんが、面接では応募者の素の様子を知るために世間話などが振られることもあります。

そんなときに気が緩み、普段使っている言葉がでてしまうという人は意外と多いものです。

面接官が場の雰囲気を和ませてくれたとしても、それはあくまでも面接の延長線上にあるものです。

いくら世間で浸透している言葉であっても、面接の場ではふさわしくないと考える人が圧倒的に多いです。

地雷とならないよう、気を付けるようにしましょう。

横文字を多用する

高学歴で優秀な人に多いのが横文字を多用した話し方をする人です。

ロジカルシンキングにイニシアチブにカテゴライズ…意味は分かるし、世の中に浸透している言葉かもしれませんが、多用するのは避けたいものです。

外国に長く住んでいたとか、外国の方であれば日本語と横文字が混ざるのもわかるのですが、純日本人なのにカタカナを連発するのは少し鼻につくと感じる人も多いです。

ましてや面接官が語学堪能な場合、「その使い方おかしいのでは?」と思われる可能性もあります。

確かに横文字でも日本語と同じように使われる言葉はたくさんあり、判断が難しいためすべてをなくすことはできません。

しかし、誰にとっても理解しやすい言葉を選ぶ、ということを念頭に置いて話すようにすると、横文字の多用は避けられるのではないでしょうか?

させていただく症候群

面接では丁寧な言葉遣いをするのが基本ですが、必要以上に丁寧な言葉遣いをするのは転職組としては少々残念です。

新卒の若い人が慣れない敬語に悪戦苦闘し、一生懸命話した結果丁寧になりすぎてしまうならまだ微笑ましいとも取れますが、転職組は社会人経験があります。

過剰敬語や丁寧すぎる話し方では、敬語を実は理解していないと思われてしまうことにもなります。

させていただく症候群というのは、その名の通り何でも「させていただく」をつける話し方をすることです。

例えばある会社の営業はパソコン画面を見ながら取引先に商品説明をするときに、「説明させていただきます。」から入り「画面を変えさせていただきます。」「クリックさせていただきます。」と、ことあるごとに「させていただく」を使い取引先から苦笑されたそうです。

へりくだった言い方なので失礼には当たらないような気がするかもしれませんが、多用されると話の本筋が見えずイラッとする人もいると覚えておきましょう。

「えー」「あのー」が多い

面接では緊張しますから、「えー」や「あのー」をつい使ってしまう気持ちもわかります。

しかし、多用すると肝心な内容が耳に入ってこないことになりますから、できる限り気をつけましょう。

これを強く感じたのがある会社での朝礼スピーチでのことです。

緊張するとこれらの言葉を多用する癖がある男性がいました。

男性が話している内容は、よく聞くととても良いものだったのですが、「彼の話は耳に入ってこない。」と言っている社員が多かったのです。

それもそのはずで、正味5分程度のスピーチで「えー」「あのー」の回数は何と100回以上。

あまりの聞きにくさにうんざりした周りの社員が数えていたのです。

これは極端な例かもしれませんが、多用することで内容が伝わりにくくなることは事実です。

「えー」「あのー」を言いたくなったら、声に出さず心の中で言うようにすると良いでしょう。

普段から会議での発言や人前で話す機会がないという方は、できるだけ緊張しやすい状況で面接の練習をしておくようにしましょう。

敬語になりきれていない

面接官に対して敬語を使うのは当たり前ですが、相槌だけ敬語を使えないという人がいますから注意が必要です。

普通の敬語を話しているのに、相槌になると「ウン、ウン」と言ってしまうという人を見たことがある人も多いのではないでしょうか?

接客業や営業など人と話す機会が多い人に意外と多く見られますが、ウンは敬語ではありません。

相槌とは言え、相手に対して失礼に当たりますからぜひ気を付けたいところです。

ウンの多用は癖になっている人も多いので、周囲の人に聞いてみるなどして相槌についても振り返っておきましょう。

話慣れていない人はどうすればいい?

人前で話す機会が多いという方は、話し方の癖について周囲から指摘を受けることがあるかもしれません。

自分では気づかない癖を指摘してもらえるのは非常に助かることで、このような場合は人に不快感を与えない話し方になりやすいです。

ただ、話慣れていないという人は、自分で話し方を意識する機会も少ないですし、周囲から指摘されることもあまりありません。

本番の面接でいきなりおかしな癖がでてしまって失敗してしまうことは避けたいことです。

できれば本番前に人前で話す機会を設けておくのがおすすめです。

その場合の相手に最適なのが転職エージェントです。

転職エージェントを利用した転職活動であれば、カウンセリングを通じて初対面のエージェントと話す機会があります。

転職先の方向性や自身のスキルの説明を慣れない相手にするという意味でも、疑似面接の効果があります。

話し方の癖や改善点など、エージェントが気になることがあればアドバイスをもらえますから、ぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、転職活動で気を付けたい言葉の癖についてご紹介しました。

癖は緊張状態のときほどでやすいものです。

大切な面接で評価を下げてしまわないためにも、できる限り言葉の癖を修正するよう意識しておきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。