転職面接で設けられていることが多い質問タイムでは、本当は知りたいけど聞きにくい質問をどう投げるのか悩みどころです。

しっかり聞いておかないと後悔するかもしれないから勇気を振り絞りたいところではありますが、質問が選考結果に悪い影響を与えないか気になるものです。

そこで今回は、聞きにくいことを聞くときの適切な方法をご紹介します。

同じことを聞く場合でも一工夫するだけで「聞きにくいことを上手に聞ける人」と高評価を得るかもしれません。

離職率について聞きたい場合

離職率が高い会社はブラック企業の可能性ありと言われるぐらい、離職率については気になるところです。

しかし、企業にとってはマイナスなことですから確実に答えにくいと思われる質問でもあります。

ここはやはり「離職率はどれぐらいですか?」というダイレクトな質問は避けるべきでしょう。

例えば「中途採用の方は入社されてどのぐらいの勤続年数の方が多いですか?」など勤続年数という聞き方に置き換えると良いでしょう。

この質問には「同じ転職組は今後の参考にさせていただきたいことも多いので。」と付け加えると、転職した後の参考にしたいという意図が伝わります。

中途採用で入社した人の勤続年数を明確に答えられない、短い人がほとんどという場合は、早期離職率の高さを疑ってみてもよいかもしれません。

残業時間がどれぐらいかを知りたい場合

残業時間の長さがネックになって前職を辞めたという人も多いですから、実際の職場の残業時間は確認しておきたいでしょう。

ただ「残業時間はどれぐらいですか?」という質問では、残業ができない人、やる気がない人、と捉えられてしまうこともあります。

残業時間という言葉は使わずに「働いたときのイメージを持ちたいので、実際に働くことになる職場での1日のスケジュール例を教えてください。」や「繁忙期はありますか?」など、残業時間の目安となる答えが返ってきそうな質問に言い換えましょう。

面接官としても、ここであまりに実際とかけ離れたスケジュール例を挙げてしまうと、後々トラブルも考えられるため正直に教えてくれるはずです。

ここで濁すような答え方をしたり、明確に答えられないという場合は、かなり残業時間が長くできるだけ伝えたくない情報ということも考えられます。

給与について知りたい場合

給与や待遇については、転職先の企業を決める際に譲れないポイントだという人も多いでしょう。

しかし、給与や待遇のことを気にする応募者は、条件だけで仕事を選ぼうとしている人、主張だけが激しく貢献意識のない人、と思われることもあります。

この場合は、「年収はいくらになりますか?」など一方的な聞き方は避けて、「私は目標を持つことで頑張れるタイプなので、仕事での評価制度がどんなものか教えていただけますか?」など評価制度という形に変えて質問してみましょう。

そのときに、「その制度は給与やキャリアにどのように影響しますか?」などと付け加えてみても良いでしょう。

育児休業などの子育て支援制度の利用状況

育児中の女性は仕事と家庭の両立を意識している方が多いですから、育児休業や時短など子育て支援制度の利用状況は確認しておきたいところでしょう。

企業としても応募者が育児中であることは理解していますから、質問をすること自体は正直な印象を受けて問題ないと思われます。

ただ、仕事内容や自分の貢献よりも、制度利用したい気マンマンというのも考えものです。

子供の用事で頻繁に休む人ではないか、仕事を責任を持ってやってくれない人ではないか、と思われてしまいます。

気になるところを上手に聞くには、「同じ女性で活躍されている方はどんな働き方をされていますか?」「御社では若い女性も高い割合で働かれていますが、その要因はどんなところにあると思われますか?」などが挙げられます。

制度があれば面接官の方から話してくれそうな聞き方に持っていくようにしましょう。

有給休暇の取得状況や休日について

有休休暇は労働者の権利ですが、企業によってはあってないようなもの、というぐらい有休が取りにくい場合もあります。

有休の取りにくさや休日の少なさは退職理由にもなり得る要素ですから、聞きたい人も多いかもしれません。

この場合もストレートな有休取得率を確認するのではなく、「大変な仕事だと思いますが、社員のみなさんはどんな風にリフレッシュされていますか?」など休日の過ごし方などに変えた聞き方が効果的です。

旅行に行く、家族と山登りをするなど、それなりに休日がなければ難しいアクティブな過ごし方をしている人が多ければ、比較的休みが取りやすい、休日がしっかりとある企業だとイメージすることができます。

社内の風土、雰囲気

毎日の仕事ですから、できるだけ自分に合った雰囲気の職場で働きたいと思うものです。

社風が合わずに辞めたくなるということもありますから、聞いておきたい質問です。

ただ、社風や雰囲気は人によって感じ方が異なることなので質問の仕方に工夫が必要です。

「どんな雰囲気ですか?」という聞き方では面接官の主観で答えるだけなので、あまり参考にならないことがあります。

例えば「どんな年代の方が活躍されていますか?」のように年齢層を確認する質問であれば、若い人が多く活気がありそう、年齢層が高く落ち着いているなどイメージしやすいです。

他には「職場の社員同士が協力するために心がけていることなどはありますか?」など、協力体制がある職場なのかも社風や雰囲気の確認に効果的です。

どうしても聞けないと思ったら転職エージェントを頼ろう

聞きにくい質問はつい躊躇しがちですが、上手に答えることで逆に好印象を与えることがあります。

ビジネスでは取引先に聞きにくい質問をうまく聞くこともあったりと、実践的なスキルがあると思われるからです。

ただ、コツがいりますし失敗するとダメージが大きいのも事実です。

そこで聞きにくい質問に関しては、転職エージェントを利用して聞いてもらうなどプロに任せるのが安心です。

間接的に聞くことで選考に影響を与えませんし、給与や離職率などの情報はプロに任せることで、自分は自己PRなどに専念することができます。

最後に

いかがでしたか?今回は、面接の質問タイムで聞きにくいことを上手に聞く方法をご紹介しました。

聞きにくい質問も、上手に聞けばイメージアップも可能です。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。