転職活動を始める前に一度振り返っていただきたいことがあります。それは、正しい敬語を使えるかどうかということです。

転職を考える方の中には社会人経験が何年もあるという方が多いはずですが、その中で正しい敬語が使えないということは恥ずかしいことだと言えます。

応募先の企業は、転職組の応募者は当然正しい敬語が使えるものだと思っていますから、正しい敬語が使えないということは大きなマイナスポイントになることもあるのです。

そこで今回は、転職を成功させるために正しい敬語を身につける方法をお話していきます。

正しい敬語が使えるということ

企業にとって応募者はどこの誰かもわからない、見ず知らずの人間です。自分の能力をアピールする以前に社会人として常識があると思われないと、それだけで採用のハードルはぐっと下がってしまうと心得ましょう。

正しい敬語が使えるということは、社会人としての一定レベルの常識があると判断され、企業側の安心材料になります。

さらに、今は正しい敬語が使えない人も多いため丁寧で美しい敬語をマスターすれば、他の応募者との差別化を計ることも可能です。

敬語一つとっても「あ、この人は仕事ができそうな人だな。」と思われることは十分あり得ることなのです。

日常的に敬語を正しく使うことの大切さ

これまで一度もビジネス敬語を意識的に学んだことのないという方は、間違った敬語を日常的に使っている可能性があります。

自分では正しい使い方をしていると思っていても、実際には間違っているというケースは多分にありますので、自分の敬語を疑う気持ちを持つことも大切です。

また、面接のときだけ付け焼き刃で敬語を覚えようと思っても、緊張状態の中予期せぬ質問が来ることもある面接では、そのような付け焼き刃は通用しません。普段使っている言葉がそのままでてしまうことでしょう。

今のうちから学ぶ機会を設け、常日頃から意識して正しい敬語を使えるようにしておくことが非常に大切です。

正しい敬語を学ぶ方法とは?

では、正しい敬語はどのようにして学べば良いのでしょうか。具体的な方法についてお話していきます。

テレビやラジオのニュースをよく聞く

敬語だけに限らず、正しい日本語を使うという意味において、ニュース番組などのアナウンサーの話し方は非常に参考になります。

アナウンサーは非常に厳しい研修の中で、正しい日本語の使い方を徹底的に学んでいる日本語のスペシャリストです。普段はニュースの内容だけに囚われがちですが、意識してアナウンサーの言葉を聞いてみると正しい日本語の使い方の良い参考になります。

インターネットでビジネスマナーを学ぶ

今はインターネットで何でも情報を得ることができる時代です。インターネット上にもたくさんの正しい敬語の使い方を教えてくれるサイトなどがありますから参考にされると良いでしょう。

ただし、ご存じの通りインターネット上には大量の情報がある代わりに間違った情報も散乱しています。

複数の情報源から確認する、ビジネスマナー専門で運営しているサイトにする、会社が運営するサイトで複数の人の目が入っていると思われ情報に絞るなど、できる限り正しい情報かどうかを確認しないと間違った敬語を覚えてしまうことになります。気を付けましょう。

敬語を学べる書籍で勉強する

楽天やアマゾンで「敬語」で検索するだけで、何千件という敬語の書籍がでてきます。たくさんあってどれにすれば良いか分からないという方は、まずはランキングなどで上位のものを試してみてはいかがでしょうか。売れている本にはそれなりの理由があります。

秘書検定の受験勉強をしてみる

敬語だけに限らずビジネスマナーを学ぶのにお勧めなのが秘書検定の受験勉強です。

秘書として働く予定がなかったとしても、今すぐ職場で役に立つビジネスマナーや敬語の使い方、挨拶文の書き方など社会人として知っておきたいことが多く学べます。

何かを覚えようと思うときに目的がないとなかなかやる気がでないという方は、資格に合格するという目的を持つことで勉強を楽しく行うことができるのではないでしょうか。

ビジネスマナーや敬語が学べる上に、履歴書に書ける資格まで取得することができれば、まさに一石二鳥です。

職場で先輩や上司のマネをするも良いけれど

職場で先輩や上司が使っている敬語は参考になるところも大いにあることでしょう。普段から職場の人たちの敬語をしっかりと聞くことも大切です。

しかし、しっかりとした研修や教育の場がない企業では、実は職場で多くの人が間違った敬語の使い方をしているということを覚えておかなければなりません。

ベテランの職員が間違った敬語を信じて使い続けているケースなどはよくあることなのです。必ずしも職場で使われている敬語が正しいとは限りませんから、鵜呑みにするのではなく、きちんと自分でも学ぶなどの裏付けを取ることが必要です。

覚えた敬語は実践することが大切

敬語の書籍を一通り読んだところで正しい敬語がすぐに身につくわけではありません。一番大切なのは、覚えた敬語を日ごろから意識して使うようにするということです。

一度身についてしまえば、とっさのときや緊張状態にあっても正しい敬語が出るようになり、転職活動中の面接時にも役に立つことでしょう。

書籍を読んだり勉強したりするのは億劫に感じるかもしれませんが、いつ必要になるかわからない特殊な知識を学ぶわけではなく、敬語は職場ですぐに使える実用的な学びです。学んだ成果をすぐに活かすことができるというのは楽しい面も大きいですよ。

正しい使い方プラスアルファで更にアピール

敬語は正しい使い方をするのはもちろん、しっかりと学ぶことで更に「おっ」と思わせる美しい使い方をすることができます。

例えば、「クッション言葉」という言葉を聞いたことはありませんか?相手に何か伝えようとするときに、言葉の強さをやわらげるまさにクッションのような役割を果たす言葉です。

「少々お待ちいただけますか。」と相手に依頼したいときには、この言葉だけより「恐れ入りますが」や「申し訳ございませんが」などを頭につけることによってよりやわらかく丁寧な印象を与えることができます。

このときにありがちな「すいませんが」を頭につけるようでは社会人としては少し残念です。細部までしっかりと意識するようにしたいものです。

クッション言葉がなくても敬語の使い方としては間違ってはいませんが、より相手に好印象を与える言葉としてプラスアルファで使えるようになると良いでしょう。

正しい敬語を使うこと以上に大切なこと

ここで転職活動をするにあたって絶対に忘れてはいけないことをお伝えします。それは「正しい敬語を使うこと以上に相手への気遣いがにじみ出る感じの良さが大切」ということです。

いくら完璧な敬語の使い方ができても、血が通っていないような冷たい言い方や機械的な口調では、面接官に自身の良さや熱意が伝わらなくなってしまいます。

笑顔で感じの良い受け答えができれば、正しい敬語以上に大きなアピールになるということも忘れてはなりません。

最後に:正しい敬語で転職を成功させよう

いかがでしたか?今回は、転職を成功させるために正しい敬語を使うことの大切さや学ぶ方法などについてお話してきました。

そもそも敬語とは相手への敬意を払うための言葉です。それを考えれば、おのずと正しい敬語を使う必要性が理解でき、応募先の企業へ良い印象を与えることができるのではないでしょうか。常日頃から正しい敬語を使うように心がけて、転職を成功させてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。