ワークライフバランスが叶う職場で働きたいと思う人は、面接の質問タイムを利用して労働条件などを確認すると良いと言われます。

しかし、仕事内容とは直接関係のない質問が多いですから、気を付けないと仕事へのやる気や熱意が疑われてしまうことにもなります。

そこで今回は、ワークライフバランスが叶う職場かどうかを見極めるために、どんな風に質問すれば良いのかについてご紹介していきます。

結婚している人を聞いてみるのも手

ワークライフバランスが叶う職場というのは、実際にそれを叶えている人がいる職場です。

特に参考になるのが結婚している人がどれぐらいいて、どんな働き方をしているのかということです。

「ご結婚されている方はどれぐらいいらっしゃいますか?」「お子様との時間はどのように取られているのでしょうか?」など聞いてみるのも一つです。

既婚者が少ない職場は残業をしてバリバリ働くという人も多く、いざ転職した後に子供の予定で早退したい、休みを取りたいと思っても、周囲からの理解が得にくいものです。

男女ともに既婚者が多い職場であれば、子供がいることの大変さは分かってもらいやすいでしょう。

特に子供がいる既婚女性が複数人いる場合は、育児支援制度などを利用しているケースもありますので、そのことについて教えてくれることがあります。

離職率の質問は嫌がられるから工夫を

仕事を辞めたい理由としてよく聞かれるのがやはり残業時間が多い、休みが少ないなどですから、離職率が高いと残業が多く休みが少ない傾向にあります。

そこで確認したいのが離職率ですが、ダイレクトに離職率を聞かれることを敬遠する面接官は多いです。

やはり離職率が高いということは企業としての魅力が欠けていると自分たちで言ってしまうようなものですから、答えたくないと考えても不思議ではありません。

離職率を確認したいときは、定着率を間接的に聞いてみると良いでしょう。

「面接官の皆さんは入社してどれぐらいなのでしょうか?」「職場の方はどれぐらいの社歴の方が多いのでしょうか?」など。

社歴が短い社員が多いようであれば、ベンチャー企業など設立間もない企業でもない限りは離職率が高めであることが推測できます。

また、この質問の後には「入社して〇〇年とのことですが、その間仕事に対する考え方に変化はありましたか?」などと聞いてみると良いです。

単純に定着率だけを聞きたいのではなく、職場の人が仕事にどう取り組んでいるのかを知りたいという、前向きな印象を持たれるからです。

残業や有休について質問する際は自分のスタンスを明確に

残業時間や有休などについて質問することは、面接官にとって「仕事内容より気になることが多そうな人」と思われる危険性があると言われます。

しかし、具体的な質問を避けて実際に残業が多く有休が取れない会社に入っても、結局はそれが不満で辞めてしまうことになるでしょう。

残業や有休について聞くときは、なぜその質問をしたいのか自分の仕事へのスタンスを伝えて質問の意図を明確にしましょう。

「私は仕事の効率化を大切にしており、少ない時間で成果を挙げること意識しています。その視点から残業時間について質問させていただきたいのですが…。」などと切り出すようにしましょう。

ワークライフバランスへの意識が高い職場であれば、「確かに仕事の効率は大切だよね。」と理解してもらえます。

また、安心材料として知っておきたいのは、最近はワークライフバランスという言葉が浸透したためか、面接でも残業時間について質問する人が多い傾向にあります。

面接官としてもよくある質問ということでそれほど心象を悪くするということもないようです。

残業時間を多めに伝えて相手が答えやすいようにすると良い

残業時間や休暇状況について質問するときは、予想されるより多めに言って相手が答えやすいようにする工夫も有効です。

例えば「お忙しい職場だと思いますが、皆さん残業は月60時間ぐらいはされているのでしょうか?」など。

そうすると「60時間もないですね。大体20~30時間程度です。」と具体的に答えてくれることがあります。

20時間かと聞かれて60時間と答えるのは企業としても後ろめたさがありますが、応募者の想定より少ない時間でしたら、企業としても良い印象を持ってもらえるため答えやすくなります。

残業を美徳している社員はいない?面接官の考えを聞いてみよう

日本には残業を美徳とする文化があると言われています。

残業する=頑張っている、やる気がある社員、と思われるということです。

しかしこれも社風や職場の上司の考え方によって違うものなので、面接官の考え方を聞いてみると良いでしょう。

面接では大抵上司にあたる人が同席していますから、直接上司の考えを聞けるチャンスでもあります。

「仕事の効率を上げて成果を出すために意識されていることはありますか?」「職場では成果を挙げるためにどんな工夫をされていますか?」など聞いてみましょう。

何か教えてくれるようであれば、残業を美徳とする考えがないと推測できることがあります。

残業を美徳としている人は仕事効率をあまり考えずに、とにかく頑張ろうと精神論でやっているケースが多いからです。

ワークライフバランスという言葉を使うのはNG

ワークライフバランスという言葉を直接使われるを嫌がる面接官もいます。

何をもってワークライフバランスと呼べるのかは人によって異なりますし、仕事内容よりも働き方や待遇が気になる人だと思われてしまうことがあります。

自分にとっての働きやすい基準は何かを明確にした上で、できるだけ間接的かつ核心をついた聞き方をした方が良いでしょう。

聞きにくい質問は転職エージェントに聞いてもらうのが吉

ここまで、残業時間や休暇状況など、ワークライフバランスが叶う職場か確認するための質問をお伝えしましたが、面接の質問タイムですべて聞くことはできない、労働条件について質問するのは気が引けるという人も多いでしょう。

聞きにくいけど聞きたい質問は、転職エージェントを利用することで聞きだすことができます。

転職エージェントは企業の採用担当とパイプがあり、密接に連絡を取り合っています。

応募前に聞きたいことがある場合などは頼ってみると良いでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、ワークライフバランスが叶う職場か確認を面接で質問する方法についてご紹介しました。

聞きにくい質問でも、上手に聞くことで面接官の印象がアップすることもあります。

一工夫加えて聞いてみることと、実際に叶う職場に転職することが大切です。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。