若い方が有利と言われる転職市場ですが、社会人経験が少ない若い世代が転職活動を行う場合は応募書類の段階でつまづいてしまうという人が多くいます。

会ってもらえれば若さややる気をアピールできることはあるかもしれませんが、書類審査で不採用になってしまったら転職活動が先に進みません。

では、社会人経験が少ない人はどのようにして応募書類を作成していけば良いのでしょうか?

書くべき内容のポイントについてご紹介していきます。

少ない経歴の中でも得たことを詳細に伝えるべき

社会人経験が少ない場合、職務経歴書を書くにも一苦労という人が多いです。

なぜなら期間が短いから任されていた仕事も少なく、数行で経歴が終わってしまい書くことがないとなってしまうからです。

しかし、新卒の就職活動と違い、少ない経歴の中でも何を得たのかを企業側は知りたいのです。

経歴が少なくても「深く掘り下げる」という方法で職務経歴書の内容に厚みを持たせましょう。

具体的には取り組んできた業務内容だけでなく、どんな姿勢で仕事に臨んでいたのか、仕事を覚えるために工夫してきたことはなかったか、実績や成績につながったものはないかなどです。

そして、経歴の中で得たものを併せて記載していくことで、どんな風に成長してきた人物なのかが分かるようにしましょう。

転職組とは言え社会人経験が少ない若い世代ですから、企業としても成長性やポテンシャルに期待して採用するということがあります。

実績も成績もないという人は、先輩や上司から評価された仕事に対する姿勢や得意なことはなかったでしょうか?

特に若い世代であればITスキルを当たり前に身につけている人も多いため、「仕事内容は分からなかったけどパソコンは得意だったから年配の人に聞かれて教えた」などの経験がある人も多いです。

そのような細かいことでも構わないので、具体的かつ詳細に経歴や強みをまとめていくようにしましょう。

内容が薄いなら企業研修やアルバイト経験から得たことを

応募書類の経歴欄には、基本的に社会人になってからの経歴を記載します。

しかし、経歴を詳細に書いても内容が薄い場合や、応募先の企業で活かせそうな経験を学生時代のアルバイトでしたという場合は、アルバイトの経歴を記載しても構いません。

社会人経験が浅いということは人事担当者も理解していますから、応募者のスキルや経験を知る上で企業側にとっても有益な情報になります。

また、入社してから企業研修などに参加したという場合は、そこでの経験や学びを記載するのも一つです。

企業研修が済んでいれば、新卒と全く同じではなく、ある程度の基本的なスキルやマナーが身についているという証明になります。

研修内容や自分で学びにつながったと感じたことなどを書いていきましょう。

すぐ辞めそうと思われないために大切な意志表示

社会人経験が少ない中で転職活動をしているということは、就職して短期間で退職したということです。

こればかりはごまかしようがありませんから「今後は長く続けていきたいと思っている。」という意志表示が大切です。

意気込み、自己アピール欄などを設けて勤続する意志があるということを書いていきましょう。

ちなみに、あまりに短い在籍期間を隠そうと履歴書に前職を書かない人がいるようですが、一般的な会社勤めの場合には社会保険や雇用保険という制度が適用されていて、その履歴から必ずばれます。

隠しそうとしたということで企業側から見たマイナスポイントは大きいですから、正社員として働いた期間は短くても履歴書に記載しましょう。

やる気や熱意は必要だけど具体的に

経歴が少なく具体的に貢献できるスキルや能力が備わっていない場合、他の世代の応募者以上に重視されるのがやる気や熱意があるかどうかということです。

若いうちはやる気さえあれば何とかなると言う人事担当者もいるぐらいです。

しかし言い換えれば、経歴が少ないのにやる気や熱意が感じられない人は論外ということです。

また、そのアピールは単に言葉だけで「頑張ります。」「やる気だけはあります。」ではどうしようもありません。

口先だけで本当のことを言っているのかどうかは分からないですし、実際に頑張れる気質があるかどうかも見てとれないからです。

やる気や熱意のアピールには具体性が必要です。

どんなことかというと二つあって、転職してから活かせそうな資格を勉強している、資格でなくても本を読んだりセミナーに参加したりしているなど現状で行っている努力が一つあります。

そして二つ目は企業研究をしっかり行った上で志望動機を伝えるということです。

応募する企業のどんなところに魅力を感じたのかは、企業HPに載っているような情報では熱意が伝わりません。

株主向けの情報誌やインターネットなど、複数の方法を使って掘り下げた企業研究を行う必要があります。

同じような特徴を持つ他の企業とも比較検討し、なぜその企業を選んだのかということを書いていきましょう。

どの応募者も書いてあるような企業特性ではなく、熱心な企業研究をした上で書かれた志望動機であることが伝われば、「おっ。この応募者はうちにかなり興味があるんだな。会ってみよう。」と思ってくれます。

転職エージェントの力を借りて転職活動を行おう

社会人経験が少ないことで、ビジネスマナーや転職市場の動向について詳しくない、または調べ方が分からないという人も多いことでしょう。

確かに若いという点では有利ですが、短期間で仕事を辞めたというマイナスポイントもありますから、プロの力を借りて転職活動を行うのがおすすめです。

第二新卒や若者に強い転職エージェントであれば、転職活動の基本から教えてくれます。

総合型の大手転職エージェントの場合は、求人件数の多さやキャリアコンサルトの質という点で期待ができます。

ただ、経歴がないため希望の条件にヒットせず、求人紹介を受けられないことがあります。

両者を複数登録して自分に合ったエージェントを利用されると良いでしょう。

転職エージェントを利用すると応募書類の添削サービスを始めとする様々な有益なサービスが受けられますし、すべて無料で利用できます。

そもそも応募書類ってどうやって書くの?という疑問にも答えてくれますので活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、社会人経験が少ない転職希望者が応募書類に書くべき内容のポイントをご紹介しました。

まだまだ明るい未来が待っている若い世代です。

自身の魅力をしっかりと伝えて転職を成功させてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。