若者の活字離れやスマホの普及などにより、出版業界は不況と言われていますが、テレビドラマなどで取り上げられることも多く憧れるという方はいまだに後を絶ちません。

そこで今回は、出版業界へ転職したいなら知るべき出版業界の実情や将来性、求められる人材などについてお話していきます。

出版業界の現状

出版業界は現在転換期を迎えていると言っても過言ではありません。紙媒体の売り上げ数は減少の一途をたどっており、特に雑誌の落ち込みは深く、小さな書店や出版社の数も年々減少しています。

私たちも実際に本屋に行こうとし、知らない間に潰れていたなんて場面によく遭遇します。

一方、出版業界であっても、通信教育やチケット販売など出版物以外に強みを持つ企業の業績は堅調であり、生き残りには別ビジネスとの融合が必要なのかもしれません。

出版業界の将来性

書店などが減少する一方、インターネットで本を買う人は増加しており、出版社としてもネット販売に力を入れていくことで顧客のニーズに応えることができます。

また、電子書籍が増え、その市場はますます拡大していくと考えられます。紙媒体に対する敵のように言われることもある電子書籍ですが、電子書籍で手軽に本を読むことによって紙の本も手に取りたいと思うこともあり、紙媒体への入り口的な役割も果たしています。

また、活字離れが叫ばれる一方で、村上春樹さんなどの世界的な作家の存在や、芥川賞受賞で話題になった芸人の又吉直樹さん、同受賞の羽田圭介さんなどの若い作家の活躍もメディアで話題になるなど、まだまだ本の魅力は廃れることがないとも思えます。

出版業界としては、紙などの印刷物だけでなく、デジタルメディア事業の強化など新たなビジネスモデルを構築することが必要で、若い人材の柔軟な考えやアイディアが求められています。

そういう意味では、転職市場においても新たなアイディアを構築できるような人材が求められていると言えます。

出版業界の仕事にはどんなものがあるの?

では、出版業界での仕事にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

編集者

本や雑誌の企画立案から執筆依頼、原稿回収、デザインなど本や雑誌を作り上げることのすべての発信とまとめをする仕事です。

憧れる方も多いですが、仕事量は膨大で深夜残業当たり前とも聞くハードな仕事です。常にアンテナを張り、世の中のニーズの一歩先を行くなどの先見の目が必要かもしれません。

出版営業の仕事

書店などへ出向き本の注文を受ける仕事です。客層や立地、過去の売り上げデータなどを元に、売れる本を推測したり、説明することによって本の発注につながります。

その他、書店に陳列方法の提案するなど売り上げにつながる方法をアドバイスすることもあります。

また、テレビや新聞広告などのメディアに向けて宣伝広告を行い、それに合わせた営業活動を行うなど、本が売れやすい効率的な営業をする必要があります。

本や出版に関する幅広い知識が必要な他、データ分析能力や情報収集力なども求められます。

流通の仕事

実際に本を出版社から書店に運ぶ仕事です。本の流通専門で行っている企業の他、自社出版で専門部署を設けて流通コストを削減している企業もあります。

本を運ぶ意外にも売り上げデータを分析して納品数を決めたり、中には本自体の宣伝を行ったりと営業的要素を兼ねる場合もあります。出版だけでなく流通に関する幅広い知識が求められます。

校正の仕事

原稿の誤字脱字がないか、不適切な表現がないか、表記が統一されているかなどを確認していく仕事です。

また、試し刷りされた原稿と元原稿に差がないかを1文字ずつ確認していく作業も行います。

特に資格などはなくても就ける仕事ではありますが、人の原稿の間違いを指摘する仕事です。語彙力や正しい言葉を知っていることはもちろん、細かい神経を使って高い集中力を発揮できる人材が求められます。

総務、経理など

出版業界と言っても会社ですから、そこで働く人のための基盤を作るような総務、経理、採用担当など、その他の業界でも共通して必要な部署は当然あります。

ただ読者からの意見を電話やメールで受けたり、出版前の原稿に触れることができたりと出版業界ならではの雰囲気の中で仕事をすることはできます。

専門的な知識はないけれど出版業界で働いてみたいという方は、これらの部署で働くというのも手ではないでしょうか。

出版業界で求められる人材とは

本を取り巻く環境が変化していることなどを踏まえ、柔軟な対応力や企画力がある人が求められます。

また、作家やライターなどの魅力を最大限に引き出すためにコミュニケーション能力の高さ、育成する力なども求められます。

さらに、かなり綿密な作業も多く、粘り強く仕事に取り組める人物であることも必要です。

出版業界は人気

出版不況とは言え、憧れて応募してくる人は多くいまだに人気の高い業界です。業界自体の落ち込みが激しい中で人気ということは倍率は非常に高いと言えます。

転職組が勝ち抜くためには、なぜ出版業界で働きたいのか、不況の出版業界の中どんなところに活路を見出していくべきだと考えるのかなど、かなり深く考えまとめることが必要です。

そのような熱い想いがあれば今後の出版業界に必要な人材だと判断されることもあるでしょう。まずはその想いと自分の魅力を伝えるスキルを磨くことが必要です。

出版業界に転職したいなら転職エージェントがお勧め

前述したように人気の出版業界ですから、書類審査の段階で落とされることもよくあります。履歴書や職務経歴書などの応募書類の内容には熱意が伝わるように心がけましょう。

それには第三者のアドバイスが必要です。お勧めなのが転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントのアドバイスを受けることです。登録は無料ですが、履歴書や職務経歴書の添削の他、面接でのアピール方法などもアドバイスを受けることができます。

また、非公開求人を多数持つ転職エージェントですから、出版業界の求人も多くあります。ハローワークや求人誌で見つけられなった好条件の出版社なども探すことが可能です。

その他にも、面接の日程調整など具体的なサポートをしてもらえるのも良いところです。是非転職エージェントを活用して出版業界への転職の大きな手助けにしてください。

最後に:出版業界へ転職して新たな出版の道を切り開こう

いかがでしたか?今回は、出版業界の実情や将来性、求められる人物像などについてお話してきました。

変化の時期にある出版業界ですが、逆に言えば自分の企画やアイディアが採用され、新たなビジネスへと成長していくチャンスのある業界でもあります。憧れの出版業界への転職を成功させて、新しい出版の道を切り開いてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。