何か資格の勉強をしようと考えたことがある方ならすぐ分かると思いますが、特に女性に人気の資格として医療事務は常に上位にランクインしています。

取っておけば転職に有利で働きやすい環境で働けるというフレーズも多く目にするため、女性にとっては気になる職業なのではないでしょうか。そこで今回は、医療事務として転職する前に知っておきたい仕事の大変さや転職時の注意事項などをご紹介していきます。

医療事務の仕事はどんなことが大変?

医療事務の仕事というと一般的には診療報酬の計算をするイメージが強いかもしれませんが、その仕事は多岐にわたり、大変なことも多い仕事です。どんな大変なことがあるのでしょうか。

医療事務と言ってもその仕事は幅広い

医療事務というと人によってイメージが固定化されている場合がありますが、病院やクリニックによって呼び名も違いますし、担当する業務にも大きな違いがあります。

受付や処方箋窓口を担当して直接患者さんと触れ合う機会が多いこともありますし、ほとんど患者さんとは関わらず、病院内の地下などで診療報酬の計算など事務作業を永遠と行う医療事務もいます。

医療事務として働くにはこの仕事の多様性を理解しておかないと、資格取得時に自分がイメージしていた仕事とは違っていたと感じてしまうこともよくあります。

一般事務の延長で考えていると大変な目に

医療事務は名前の通り事務職ではありますが、医療が付くことは忘れてはいけません。事務畑で働いていた人が深く考えずに医療事務にチャレンジすることがありますが、事務職であっても医療の世界で働くということに変わりはないのです。

特に総合病院などで医療事務として勤務する場合、医師や看護師などの専門職と関わったり患者さんに直接会う機会も多いですし、緊急で病院へ運ばれた患者さんを目にする機会もあるでしょう。自分は医療の世界で働いているんだと、働き始めてからその責任の重さに気づくこともあります。

もちろん医療業界は社会貢献性が高く、やる気を持ってその世界で働くことは非常に有意義なことです。ただ、そうでない場合には人気の職業というイメージとのギャップを感じてしまう人もいます。

医師や看護師と接する苦労もある

調剤薬局などで働く場合にも薬剤師さんとの連携が必要ですが、病院などで働く医療事務は院内の多くの専門職たちと連携を取りながら業務にあたる必要性もでてきます。

医師や看護師たちは日中忙しく動き回っており、気を強く持っていないとやれない仕事でもあるため、事務職に対しては当たりが厳しかったり強い口調で接してくることもあります。そのような態度に落ち込む人もいて、ここでも一般事務と違った苦労を感じるという人も多いです。

給料は相対的に低い

医療事務は女性がほとんどで年齢が上がっても活躍している人も多いことから、長く続けられる働きやすい職種としての人気もあります。

ただ、病院の中ではやはり医師や看護師などの高い専門性を持った職種に人件費を割く優先性がでてきてしまうため、事務職の給料は一般企業と比べても相対的に低い傾向にあります。

医療事務においても同じで、大病院であれば昇給は見込めますが基本給は低めで、稼げる職業ではないということは念頭に置いておきましょう。

女性同士の人間関係で悩むこともある

医療事務という資格の女性人気の高さからも分かるとおり、実際の職場でも医療事務従事者はその多くは女性です。

若い女性も多いですが、比較的長く働ける職種であることからも、ベテランの女性もいます。幅広い年代の女性とうまくやっていく処世術のようなものは必要です。

女性同士の人間関係は、うまくいけばそもそも女性はミスが少なく協調性が高い人も多いので、協力して円滑に業務を遂行することができます。

しかし、一度崩れてしまうと陰湿な陰口や嫌がらせにつながってしまったり、その修復が難しいこともあるのが特徴です。どんな職場においてもリスクはある人間関係ですが、特に医療事務は女性同士の人間関係があるということも覚えておきましょう。

医療事務としての転職したいなら覚えておきたいこと

医療事務としての転職を考えているのであれば、覚えておきたいことがあります。一体どんなことなのでしょうか。

資格そのものよりもやる気が問われる

医療事務を持っていると総合病院の事務系の応募などで有利に働くことがありますが、それはその資格が必須というよりは、医療業界に興味を持って、やる気を持って働きたいという気持ちが評価されるという側面も大きいです。

ですから、医療事務の資格を持っていることに安心するのではなく、どれだけ地域社会に貢献したいという想いがあるか、医療の世界で働くことの意味を見出しているかなどの方が大切です。

逆に言えば医療事務の資格がなくても向上心があるやる気のある人であれば採用される可能性もあるということです。

病院もサービス業だから高い接遇スキルは求められる

病院や施設によって医療事務に求める役割は様々ですが、医療事務の仕事の中でもレセプトの知識がある事務職という位置付けではなく、どちらかというと接客業的役割を担う部門での採用になる可能性もあります。

例えば入退院の受付や会計にいる医療事務は、患者さんに取ってみれば一番近くにいて話しかけやすい「病院の人」なので、院内の案内や会計システムに関する質問をよくしてくることがありますし、時にはクレームを受けることもあるでしょう。

患者さんはお子さんから年配の方まで幅広いですし、当然具合が悪くて人に気を遣う余裕のない人もいます。どんな人に対しても感じの良い受け答えとと臨機応変な対応が求められます。

最近は病院コンシェルジュと呼ばれるような接遇のプロもいますが、病院によってはその役割を医療事務部門が担うこともあります。

レセプトだけではない社会保険の知識も必要

患者さん全員が会社の社会保険に加入しているわけではなく、自営業で国民健康保険に加入している人や、75歳以上で後期高齢者医療制度の対象者であったりとその加入保険は様々です。

この他にも自治体によって子供の医療費の補助制度も違いますし、離婚などで子供の保険が切り替えられているなど様々なケースに対応することになります。

もちろん基本的には行政などに問い合わせることで解決できることばかりですが、全く社会保険の知識がない状態だと患者さんの保険証確認業務などもままならない状態になってしまいます。

担当業務によっては、レセプトだけではなく社会保険の一般知識など幅広い知識が必要であると覚えておきましょう。

医療事務の転職を探すなら転職エージェントがお勧め

せっかく医療事務の資格を取ったのに、活かせる転職先がないということは勿体ないことです。医療事務としての転職先を探すなら転職エージェントに登録することをお勧めします。

転職エージェントの中の非公開求人にはハローワークや求人誌などには載っていないような、条件の良い求人も隠れています。また、求人数自体も非常に多いため希望の求人を探しやすいと言えます。登録は無料ですから活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は人気の資格である医療事務として実際に働くことの大変さや、転職を考える際に覚えておきたいことをご紹介しました。

医療事務は、医療に関わって社会貢献ができるやりがいのある仕事です。資格のイメージだけで安易に転職して辞めてしまうのは勿体ないですから、きちんと仕事内容や必要な資質を理解して良い転職につなげてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。