面接時の基本的な身だしなみは心得ているでしょう。

しかし、季節や天候だけは人間の思うようにはいかないものです。

特に厳しい暑さや、寒さがある真夏、真冬に面接が行われる時は、服装に悩んでしまうでしょう。

そこで、基本プラスαの対策を覚えておきましょう。

今回は、季節によって気を付けたい、面接時の身だしなみ対策についてご紹介していきます。

汗だく必至。真夏の面接はどう対処する?


真夏は意外と転職市場が活発化する時期です。

夏のボーナスをもらった後の退職に備えて各社が積極的に募集に動き出すことも。

転職組は真夏の面接も十分あり得ると心得ておきましょう。

真夏の身だしなみ対策のメインは暑さと汗、臭い対策になります。

暑くてもマナーは守らなくてはいけないのが面接

夏は暑く、ジャケットをしっかり羽織って面接に臨むのは大変なことです。

しかし、夏場であってもスーツのジャケット着用が基本です。

そのため、夏用の薄手のスーツを選ぶ、冷感インナーを着用するなど、見えない暑さ対策をしましょう。

男性の場合は、ワイシャツを半袖にしたくなる気持ちはわかりますが、基本的には面接では長袖がマナーです。

企業側から事前に半袖着用可などのお達しがない限りは、長袖のワイシャツを着用しましょう。

女性であれば、七分袖や五分袖のブラウスなどはOKです。

ただし、ジャケットを脱いでも困らないように、ノースリーブやフレンチスリーブなどの露出度が高いものは避けるのが無難です。

男女ともに汗対策はしっかりと


夏場の汗は避けては通れないものとは言え、面接官に不快感を与えないようにできる限りの対策をするのがマナーです。

面接時間ぎりぎりで走ったりすると汗だくになります。

余裕をもって現地に到着し、近くの喫茶店などで汗がひいてから訪問すると良いです。

男女ともに、汗でスーツやシャツに汗じみができることもあります。

インナーなどで汗じみ対策をきちんとしておきましょう。

特に若い男性は、インナーを着ない方が涼しいと勘違いしている人がいます。

しかし、インナーは、汗を吸い取ってくれる役割があり、着ない方が逆に暑くなります。

さらに気になる汗の臭い対策として、携帯用の無香料の制汗スプレーなどを鞄に忍ばせておきましょう。

面接前に化粧室などでケアしておくと良いでしょう。

クールビズの考え方について

クールビズを導入している会社は多いですが、あくまでも社内の運用のレベルの話です。

こちらが勝手にクールビズを導入してはいけません。

ただ、事前にノーネクタイ、半袖OKなど、クールビズについて指示してくれるケースもあります。

その場合は、企業側の指示に素直に従うのが良いです。

また、面接が始まる前に

「暑いと思うので良かったらジャケットを脱いでくださいね。」

と、面接官が言ってくれることがあります。

そのときは、笑顔でお礼を伝え、ジャケットを二つに折って鞄の上に置くようにしましょう。

真冬の面接はスマートな防寒を心がけよう


真冬も、人件費予算が増える3月や4月の採用に備えて、転職市場が活発になります。

真冬の面接の可能性も十分にありますから、風邪などひかないように防寒は必須です。

ただ、防寒の仕方によってはマナー違反になりますから注意が必要です。

寒さで姿勢も顔色も悪印象にならないように

面接では清潔感があってハツラツとした印象が好まれます。

寒さで姿勢も顔色も不健康に見えないということは、意外と大切なポイントです。

真冬は寒さで体が縮こまり、うつむき加減になってしまいます。

訪問先の企業が近づいてきたらどこで誰に会うか分かりませんから、猫背になっていないか気をつけましょう。

また、寒さで顔色や唇が悪くなりやすい体質の人がいますし、寒すぎて口が回らないこともあります。

早めに訪問して化粧室で血行促進のマッサージやアイウエオ体操をするなどするのも効果的です。

女性の場合は、顔色がよく見えやすいリップやチークなどを控えめに使うのは良いしょう。

スーツが完璧でもアウターがだめだと勿体ない

地域によっては、スーツだけでは寒くて移動が大変ということがあります。

アウターの着用はOKですが、いくら寒くてもダウンジャケットを着たりカジュアルな印象が強いものは避けましょう。

シンプルな色と形のステンカラーやトレンチコートなどが基本です。

女性用のコートでよくあるファー付きはゴージャスな印象ですし、スーツに毛がついてしまうことがあります。

首元が寒いのであればベーシックなストールなどを巻くにとどめておき、社内に入る前に鞄にしまうのが良いでしょう。

ちなみにアウターは、社内に入る前に脱いで、二つ折りにして手にかけておくのがマナーです。

面接部屋に入った後も、鞄の上に畳んでおくなどしておきましょう。

せっかくスーツを完璧に整えても、アウターがだめだと常識を疑われてしまうことがあります。

意外と見られている箇所ですから、気を付けるようにしましょう。

寒さ対策は足元から?意外と見落としがちな足元のミス


寒さ対策は足元からと言われますが、足元のミスは意外とやりがちです。

男性の場合は靴下です。

立ったときは見えなくても、座ったときにズボンの裾から靴下が見えてしまいます。

ある企業の面接で、派手な柄の靴下に目を奪われてしまったという面接官もいます。

もちろん、悪い意味です。

また、女性はプライベートでは寒さ対策として厚手のタイツをはくことがありますが、面接ではカジュアル過ぎます。

寒くてもベージュのストッキングを履くようにしましょう。

タイツを履くぐらいならパンツスーツにすれば良いのです。

身だしなみで気になることはプロに聞こう

面接時の身だしなみは、業界や企業によって求められるものが異なることがあります。

業界の特性によってはとことんきちんと感を出すべき場合や、逆に個性を出したいという場合もあります。

自分が応募する業界や企業の特性をしっかりと研究し、それに合わせた身だしなみ対策を行いましょう。

自分ではよくわからないと感じる場合は、プロに聞いてみるのが一番です。

転職支援のプロである転職エージェントであれば、業界ごとの特性や企業の内情にも詳しいため、適した身だしなみ対策をアドバイスしてくれます。

転職エージェントを活用して、不安なことは事前に確認を

今回は、季節によって気を付けたい身だしなみ対策についてご紹介しました。

どの季節でも、早めの訪問で面接前に身だしなみチェックをしてから臨むのが基本です。

面接だけに集中してしっかりと魅力をアピールするためにも、身だしなみ対策は万全にしておくようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全て無料でプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

転職エージェントについての詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。