自己都合ではなくリストラで転職活動を余儀なくされてしまう人は、転職しやすい若手だけでなく、40代、50代の中高年にも多くいます。

リストラされた場合の再就職は難しいのだろうかと不安に感じるでしょうが、適切な転職活動を行うことで応募先企業から内定をもらうことは十分にできるのです。

では、リストラされた人はどのように転職活動を行っていけばよいのでしょうか?

応募書類の書き方や面接での受け答え、求人選びなどリストラ転職のポイントについてご紹介していきます。

リストラされた人を企業は敬遠するのか?

リストラされたということで、転職活動に不利に働くのではないかと気にする人は多いですが、実際のところリストラ自体が選考に影響を与えるということは少ないです。

なぜならリストラは経営不振等の会社都合なので応募者に責任があることではないからです。

それに、人事担当者であれば「例え優秀な人であっても経営が厳しければリストラすることはある」という点は他の人よりも理解があります。

リストラ=無能な人と判断するわけではないのだということを覚えておきましょう。

応募書類には何て書く?

履歴書や職務経歴書に退職理由を書くときは「会社都合により退職」とシンプルに書きましょう。

リストラされた背景は会社によって異なりますし、自分は無能だからリストラされたわけではないと伝えたいかもしれませんが、応募書類ではリストラされた経緯について詳細まで書く必要はありません。

企業担当者が確認したいことがあれば面接に聞いてくれるでしょう。

志望動機欄やスキルや経歴を充実させることに力を注ぎ、他の項目でアピールしていくことを心がけましょう。

面接でリストラについて聞かれたときの答え方

応募書類に「会社都合により退職」と書いてあると「会社都合ということですが、どんなことがあったのですか?」など、補足を求められる可能性があります。

その場合は正直に簡潔に「経営不振で整理解雇をするということで、転職しやすい若手を中心に解雇対象となりました。」などと答えれば十分です。

ここでのポイントは2つです。

1つは会社を責めるような言い方をしないということです。

会社都合で転職活動を余儀なくされたことは納得できないことかもしれませんが、面接官に他責的な人だと思われてしまう可能性があります。

2つ目は、自分が能力不足で解雇対象になったわけではないという点を含めて伝えるということです。

面接官は「なぜあなたが解雇対象になったのですか?」とわざわざ聞いてこない人も多いですが、実際問題としては「リストラされる理由があったかどうか」は気になるポイントです。

下手に不安材料を残さないためにも、自分から簡潔に能力不足が原因ではないということを伝えておくのが好ましいです。

懲戒解雇された場合はどうする?

前職を懲戒解雇された場合は選考が不利になる可能性があります。

懲戒解雇になるのはよほどの理由ですから、応募者の信頼性という点で企業側の不安要素になることは当然のことだからです。

では、懲戒解雇を隠しておいた方が良いのかというと、それには大きなリスクが伴います。

その事実を隠して応募したことが告知違反とされ、せっかく内定をもらった先から取り消されたというケースもあります。

懲戒解雇の事実は離職票や退職証明書などの提出を求められれば応募先に知られてしまう可能性がありますので、隠し続けることができる保証はどこにもありません。

また、同業他社や勤務地の地域が変わらない場合、横のつながりで懲戒解雇の事実が知られることはあります。

隠すこともできず、選考にも不利になるなら転職は不可能?と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

企業によっては面接で懲戒解雇の詳細を聞いてみて、納得できるものであれば採用としてくれる場合があります。

もちろん、懲戒解雇の事実をカバーできるだけのスキルや能力があることが前提になりますし厳しい転職活動を余儀なくされることは覚悟しなくてはなりません。

もし懲戒解雇が身に覚えがない、納得できないものであるならば、専門家に相談するなどしてまずは懲戒解雇の事実を取り消すことを考えてみても良いかもしれません。

リストラされたことより何ができるのかが重要

リストラで転職活動を余儀なくされた場合、どうしてもリストラが選考に与える影響についてばかり考えてしまいます。

しかし、リストラされたこと自体に固執しても何もいいことはありません。

リストラが退職理由だとしても、その後なぜ応募先の企業に転職しようと思ったのかということ志望動機や、応募先の企業でどんな貢献ができるのかが大切になります。

リストラされて転職活動する人は「リストラされたことが原因で転職できない」と悩むことがありますが、それ以外の原因の方が多いことはよくあります。

そのことを受け止めて自身のスキルや経験をどうアピールしていくかに注力するようにしましょう。

営業なら転職しやすいが求人選びは慎重に

40代以上でリストラにあった場合は、そもそも転職市場自体が年齢に対してシビアな目で見るようになっています。

そうなると焦りも生まれてしまい「とにかくどこでもいいから」という気持ちになりがちです。

しかし、転職しやすい職種や業界にはリスクが伴うということを覚えておきましょう。

例えば営業職などはどの企業でも募集していますし、未経験歓迎としていることも多く比較的内定をもらいやすい職種と言えます。

ただし、業界によっては完全歩合制で生活が安定しない、ノルマが厳しすぎて続けられないなど、転職してから働き続けられるのかという点では難しい場合があります。

再度の転職ということになれば、ますます応募先が限られてきてしまいますから、できるだけ慎重に企業を見極めるという冷静さは保つようにしてください。

再リストラを回避するためにも転職エージェントを使おう

リストラされて転職活動をする場合は、無職期間ができますから焦る気持ちから転職先を妥協しがちになります。

しかし、転職先の経営が立ち行かなくなったり、まさかのブラック企業でいわれのない解雇宣告を受けるなんてことだけは避けたいところです。

転職してからきちんと働き続けることができてこそ転職成功と言えますから、転職先の企業選びは慎重に行いましょう。

そのためには転職エージェントを利用した転職活動を行うことをおすすめします。

転職エージェントは企業審査がきちんとされていますから、経営難の企業やブラック企業などに当たる確率がぐっと下がります。

リストラされたことをどのように伝えれば良いのか分からないなど、応募にあたっての相談にも乗ってくれますから利用を検討してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、リストラされた人の転職活動のポイントをご紹介しました。

リストラされたことはショックかもしれませんが、リストラされたから転職できないということではありません。

事実を簡潔に述べて、自身の経歴やスキルをアピールしていけば、他の転職希望者と同じ土俵で十分に戦っていけます。

そのことを忘れずに前向きに転職活動を行ってください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職を検討する人は、使った方が断然便利なサービスです。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーが徹底サポート。

ご自身の経験や思考・スキルを総合的に判断して、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなり、思いもよらなかった業種、違う職種に出会えます。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人を見つけやすくなります。

転職エージェントを利用していないと、応募ができない求人も多数あるため、自分で求人探しをするより多くの会社が見つかります。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

しかも、履歴書・職務経歴書は使い回せるので、応募企業ごとに用意する必要がなく手間が省けます。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはdoda がおすすめです。

dodaは業界最大級の求人数を誇る、転職エージェントの大手です。

「転職について分からない」「初めての転職」という方から「もう一度転職」という方まで、しっかりサポートしてくれます。

業界トップクラスの求人数

190,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

doda限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

約8割は非公開求人。あなたの天職は、公開されていない求人にあるかもしれません。

転職市場に精通したプロフェッショナルのサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

公式サイトはこちら

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。